« 黒斑山・秋のやまたみ倶楽部山行(前編) | トップページ | 雲の創り出す芸術(八方尾根・唐松岳-1) »

黒斑山・秋のやまたみ倶楽部山行(後編)

024さて、外輪山散歩もおしまい。車坂峠から一台の車でくると、ここで引き返すか、下って登り返さないと帰れませんが、今日はマイクロバスの送迎有りです。

025この道を遠くに見える牙山の脇を抜けて、どんどん歩いていきます

026でもその前に、この岩陵から下らねばなりません。

027足元に気をつけながら、慎重に下ります

028どんどん下ります。上には岩。落ちてこないかなぁ~。心配ですが歩いている人は下が気になります。

029岩場は抜けました。時間にすると数十分ですが、今回のコース一番の危険箇所です。

030眼前には雄大な浅間山。手前は前掛山といいますが、現在は噴火危険レベル2のため立ち入り禁止になっています。(入る人はいますけど・・・

031あともう少しで下りきります。

032約20分後には下の原っぱに到着。下から見上げるとこんな所です。

033上からは見えませんが、火山らしい荒々しい岩肌です。

034黄色く紅葉した草原と黒い岩肌のコントラスト。

035岩肌をぬうように草原が広がっています

036さて、ここで少し休憩を取った後、下山口にある火山館へ向かって出発。

037カラマツもここではハイマツのように背が低い。

038でも、ひとつゆるやかな丘を越えると、徐々に高さを増していき、やがて森を形成するようになります。

039約40分後、火山館に到着。一服後、館長さんの案内で近くにあるクレーターを見に行きました。

040もう少しすればカラマツの黄葉が綺麗な事でしょう。この火山館は冬も開いています。館長さん、一人でご苦労様です。

041約20分後下山開始。ここからはひたすら下っていきます。

042牙山と紅葉、沢は温泉成分を含んだ水がしみ出しています。

048鉄分が多いので真っ赤っか

043こちらは白い砂礫です。硫黄の臭いもします。気分は

044このあたりは紅葉が綺麗です。

045_2笹原の中の道。今日は時間に余裕があるのでのんびりです。

046途中二ノ鳥居からは不動滝へ下る道と緩やかに下る2コースに分かれます。合流点まで2グループに分かれました。(ほんのちょっとだけですけど)

047長い森の中を下って16時過ぎ天狗温泉到着。ここはタオルが真っ茶色に染まります。ちょっとぬるめですが、温泉は気持ちよいですね。

バスに乗り込むと予報通りのにわか雨が降り出しました。この後、渋滞にもあわず無事帰路につきました。

« 黒斑山・秋のやまたみ倶楽部山行(前編) | トップページ | 雲の創り出す芸術(八方尾根・唐松岳-1) »

東信の山」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

ここにも沢山の登山客が〜〜〜
皆さん楽しまれてるようですね

033・035色ずいた草原と黒い岩 042は錦織なす紅葉良い感じで〜〜す
紅葉の山々を満喫されてる"自遊人さん”お若くて頼もしいです

うーちゃんさん こんにちは

今年は夏に楽しめなかった分、晴れれば山歩きしてます。
その分、本宅(安曇野)の話題が乏しいです

でも今週は台風やら秋雨前線やらでが多く、おとなしくしてます

この記事へのコメントは終了しました。

« 黒斑山・秋のやまたみ倶楽部山行(前編) | トップページ | 雲の創り出す芸術(八方尾根・唐松岳-1) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31