« 山岳総合センター研修講座・特設講座「講師研修会3(冬山)」に参加してきました | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 »

山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その1

000 11日から14日まで、雪山での安全な歩行や幕営・雪洞作りなど、冬山の基礎的な技術を学んだり、冬の自然にふれたりすることにより、雪山への理解を深める事を狙いとした、長野県山岳総合センターの冬山講習会に参加してきました。今回はリーダーコース必修講座と同時に、単発で参加可能な一般生の計31名。初日は翌日からの訓練の事前講習と食料買い出し。いつもと同じ4人1グループ(一般は6人1グループ)に班別講師と我々の班には所長も入っての6名分の食事を考えます。写真は最後に水を詰める前の計量。すでに26kg超です。この後、水約2Lが加わりましたよ。

00512日朝、この重い荷物を背負って山へと入ります。場所はサンアルピナ鹿島槍スキー場上部の黒沢尾根。バスでゲレンデまで送ってもらった後、リフト2本を乗り継いでゲレンデトップへと移動します。リフトでの荷物の上げ下ろしがキツイ この日は前日からの湿ったがかなり降り積もりました。まだ降り続いている上、朝方気温が下がったのでリフトも凍る・・・。トップへ行く第10リフトが動いたのは11時。歩いて登るのも1時間弱かかるので動くのを待ってましたが、結局歩くのと同じくらい待ってました。

006上の方はガスってます。歩いて登るよりは待ってたほうがいいかも知れませんが、外でぼ~っと待つのも寒いですね。

00711:30ようやくゲレンデトップへ移動。これからいよいよ実技開始です。ワカンをつけて山へと入っていきます。

< 続く >

« 山岳総合センター研修講座・特設講座「講師研修会3(冬山)」に参加してきました | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 »

長野県山岳総合センター研修講座」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

さすが長野県いろんな研修講座があるようですね
中々個人では取得出来ないものばかり こうした研修講座に参加する事はとっても良い事ですね

荷物がものすごいですね
どれも無くてはならないものばかりをパッキングして背負ってるんですが
終いには放り出したくなりますね

防寒着も目立つように 赤が多いようですね

明日の記事も楽しみです

うーちゃんさん おはようございます

この講座を受けても資格が得られるわけではないんですよ。
でもいろんなレベルの人と接する事で、刺激になるし、自分の限界も知ることができます。
これはただ登っていては得られないものです。登るだけなら、誰かと一緒に行けば登れるのですからね。

冬はどうしても装備が多くなってしまいます。
日帰りでもストーブとか持っていきますし、防寒具も1枚は多い。
下山時に減るのは食料の重量くらいですね。
それでも結構軽く感じます。

目立つ赤・・・自遊人は青が好きなんですが・・・赤のほうが目立ちますね。色の見た目も暖かそうだし・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 山岳総合センター研修講座・特設講座「講師研修会3(冬山)」に参加してきました | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31