« 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その4 »

山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その3

005山に入って2日目の朝、4時半起きでした。前夜、お湯を沸かし忘れたので少し早めの起床となりました。もっとも自遊人的には普通ですけどね。朝飯は餅入りラーメン。餅は薄いしゃぶしゃぶ餅、ラーメンは普段高くてあまり買えない美味しいヤツでした。

006出発は7時半。今日はひたすら天狗岳方面を目指します。荷物は寝袋とか要らない物を置いていくので軽くなりました。(でも訓練に必要な物は入ってますけどね)

007天気は小雪。今日も昨日に引き続きルートファインディングしながら歩きますので、訓練日和です。

008青空だったら素晴らしい景色。でもガスってまわりが同じ景色に見える時は、慎重に進むべき方向を確認します。

009右を向いても

010左を向いても同じ景色。

011広い台地上の場所では、ぼ~っと景色を見てたりすると違う方向に進んでいたりします。まだ、近くが見えるから良いですが、本当に真っ白な世界になったら行動不能になることがあります。メンバー全員で現在地を確認して先に進みます。

012ひとりだけ写真撮ってま~す  現在地が確認できたら、これから尾根や沢といった地形の特徴をつかみ、雪崩の危険が少ない、安全なルートを確認します。急な斜面を斜めに切って雪崩を起こしたりしないことも重要です。

013ルート上に急斜面が出てきました。こんな場所はザイルを出して2人一組でスタカットで登っていきます(言葉がわからない人はネットとかで調べてね

014その前にここを登って安全か、雪崩の起きる可能性の調査(弱層テスト)を行います。最初、手のひらで叩く(手首)くらい→肘から先→腕全体と力を少しづつ加えて、どの段階で雪がずれるかを確認します。

雪は雨や陽射しで融けたり、重みで沈んだり、気温によっていろんな種類の雪が積もっています。そんな種類の違う積雪面で、ある時、上の雪が滑ります。これが表層雪崩で、地面から全部が雪崩れるのが全層雪崩。(正しくはちゃんと調べて勉強してください→決定版雪崩学って本がよくまとまっています)

テストの結果はまあ、黄色くらいかな?歩いててもわかるように下はカチカチで、上には結構積雪がありますから、本当にやばい所では雪崩の危険が高い条件です。

015ザイル出してる時は相手を確保してるので、当然写真ないです・・・少しガスが切れてきました。予想通り天気は回復傾向にあるようです。

0161682mのピークあたり。登り上げた尾根の反対側は急斜面です。

017雲の切れ間から神城の町が見えてきましたよ。ガスがかかっていなければ、こんな町並みや北アルプスの山並みが見えるので、少なくとも方向を間違える事は少ないです。

018次に進む1775mピーク方向に日があたってます。この日は雪洞掘りがありますので、お昼過ぎには幕営地に戻らねばなりません。先に進むより、この付近で技術習得に時間をかけることにしました。

019晴れたら素晴らしい景色が広がることでしょう。

020さて、そろそろベースキャンプへ戻ることにしましょうね。

< 続く > 

« 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その4 »

長野県山岳総合センター研修講座」カテゴリの記事

コメント

自遊人さんこんばんは~♪

みなさん一生懸命お勉強されていますね。
スタカット、想像が大まかに当たりました(スタッカート思い出しました)
雪崩が起こる可能性の調査もあるんですね。
それで注意報などが出るんですね。
木々も真っ白になっていてこの世の景色じゃないみたいです。
特に001の画像の木はみとれるくらいきれいです。
晴れても曇りでもすばらしい雪景色です。

おりひめは金土とスキーです。
明日出かけ日曜日に帰ってくるんですよ。楽しみです

おりひめさん こんにちは

スタカットの意味、予想通りでしたか
確実ですが、進むスピードは遅くなります。でも、危険な場所では確実に安全なことが大事です。

スキー楽しんでください。
天気は土曜の午後から回復、日曜は良い天気の予報です。
でも日曜は帰路ですか。
遠いけど体調万全に整えてくださいね。

自遊人さん おはよう〜〜

いつも訪問遅くなってごめんなさい

今は食べるものも美味しくて便利なものが沢山あっていいですね
朝からしっかり餅入りラ−メンで身体を温め行動開始ですね

綺麗な雪景色の写真が〜〜〜
ゲレンデしか見た事無いので こんな所歩くなんて怖いようです

沢山の方が一緒なんで心配はいらないですが・・ 雪崩が・・何て思うと足が竦みます

うーちゃんさん こんにちは~
時間が空いた時にのんびりおいで下さい。なんせ写真多いだでね~。

ひとりだと家でも簡単に済ませちゃいますが、みんなと一緒だと食事も楽しいです。
でも歩く時はひとりが好きですよ。誰にも気兼ねなく広い世界を一人占めできます。

雪崩・・・見つけたのに掘り返してくれなかったらどうしよう・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その2 | トップページ | 山岳総合センター研修講座・冬山講習会「雪山の歩行と雪洞の作り方」-その4 »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31