« しゃくなげシリーズ、今回は有明山へ~ | トップページ | 槍ヶ岳へ(2) ~槍沢ロッヂへ~ »

槍ヶ岳へ(1)

本宅記事からの続き

00118日午前、河童橋たもとからの穂高連峰。曇り空ですがまだ雨は落ちてません。

002ヒロハヘビノボラズ。近くの小梨平野営地を作る際、トゲがあることから伐採してしまい、その結果、メギ科を食すミヤマシロチョウが減ってしまったことで知られています。

003ラショウモンカズラ。天気が悪いので写り悪いな~。ちょうど上高地では見頃を迎えていました。

004今日の行動予定は槍沢ロッジまでなので、河童橋からのんびり1時間弱で明神へ。ここでお馴染みのUさんと会いました。Uさんはいつもここでネイチャーガイドしてます。同じ安曇野市民ですがここに住みついてるのかな~

005ヤマシャクヤク。林の中でひっそり咲いています。見に行く時にはまわりを踏み荒らさないよう気をつけてくださいね

006前穂高岳。今年は残雪が多いようです。徳沢の手前あたりから予報通り雨が落ちてきました。

007河童橋から約3時間。横尾に着きました。この橋を渡ると涸沢方面へ行きます。残雪期はショートカットのパノラマコースが使えないので、穂高連峰へのメイン登山路となります。

< 続く >

« しゃくなげシリーズ、今回は有明山へ~ | トップページ | 槍ヶ岳へ(2) ~槍沢ロッヂへ~ »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

コメント

いながらにして山の気分を味わっています。
雪がたくさん残っていますね、眺めがいいですわ。
山野草に出会うって感動でしょう。
自然の形が崩れると野草も動物、鳥達もすめなく
なりますね。

まず助走区間から、、、、
私は明神池までしか行ったことがありませんがここでも充分登山気分が楽しめます(^^ゞ
残雪が多いとの由、やはり異常気象の影響でしょうか*~~;

ムームーさん ご覧頂きありがとうございます

ある程度慣れてくると、夏よりも残雪期が楽しくなります。
白と緑のコントラスト、この時期しか見られない高山植物。
楽しいですが、荒れれば頂上はまだ雪も降る季節です。

自然の形が崩れるのは人為的、環境変化等いろいろ原因があります。
人間の営みが何らかの影響を与えていますので、
上手く保護していかないといけませんが、何が自然の状態か
見極めるのも難しいです

サイモン ご覧頂きありがとうございます

最近は観光客も徳沢園まで足を延ばします。
聞いた話しでは普通の重いバーベキューセットを持ってくる若い子も見かけたとか。
ただ、結構迷い人もいるようです。
事故がないように願いたいですが、迷う理由がわからず(常識外なので)対策に苦慮します。

山頂では今月初旬に20年ぶりくらいの吹雪の日もあったとか。
異常気象なのか、周期変化の範囲なのか。
出来るだけ地球に負荷をかけないように心がけたいものです。

自遊人さん おはよう〜〜

梅雨らしい雨の降り方になって来ました

さすがに誰もいませんね
雨の日はゆっくり散策出来ひっそり咲くお花に目が届くのでは〜〜〜

遠くからのうーちゃんならそんなわけに行きませんね
今度いつ来れるか分からないのですものね
この時期てるてる坊主もなかなか願いを叶えてくれませんね(笑)

うーちゃんさん こんにちは~
雨あがって蒸し暑くなってきました。
シトシト降って欲しいものですが、最近は降るとドバドバで困りますね。

誰もいません・・・というかいなさすぎです。
一番最後の写真の横尾と言えば槍穂高連峰の拠点です。
ゆっくり散策できて良いのですが、写真撮すにはやはり向きませんね。

てるてる坊主、効果はなかなか期待できないですね~

この記事へのコメントは終了しました。

« しゃくなげシリーズ、今回は有明山へ~ | トップページ | 槍ヶ岳へ(2) ~槍沢ロッヂへ~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31