« 唐松岳、花の旅(4) | トップページ | 唐松岳、花の旅(6) »

唐松岳、花の旅(5)

033

タカネヤハズハハコ、別名タカネウスユキソウ先日本宅で記事にしましたがウスユキソウハハコグサは同じキク科で似てますが、別名でふたつが同じように呼ばれるものもあります。

035

真上から見ると菊の花の雰囲気があります。雄株と両性株があるそうです。上の写真と色も花の感じも違うからこのふたつかな?

031

イワイチョウ。ちょっと縮れた花の感じが可愛いです。この写真ではわかりませんが、葉っぱがイチョウの葉っぱに似てるのが名の由来だそうですが、今ひとつ似てないし、岩場にも生えません。

034

アカモノ、別名イワハゼ。花の中を覗いてみたくなりますね~

030

タテヤマリンドウ。足元に咲く可憐な小さな花です。高山植物は小さいのが多くて撮すのが大変くたびれます。

032

ツツジ科のコメツツジ。名前の通り花が米粒のように小さいです。

036

ウラジロヨウラク。ツボ型の花は比較的大きくて、葉の裏が白いので見分けがつきやすい。

037

この花、ミヤマクワガタといいます。ゴマノハグサ科のお花で虫ではありません、って見ればわかりますね。葉っぱのギザギザがクワガタムシに似てない気もしないではないが、ややこしい名前だな

038

お髭のように長い蕊。なんでこんなに長いのかなぁ~

039

コメントのお返事遅くなってすみません。花旅はまだまだ続きます。明日は唐松岳最終回、その後は花の名山、白山がスタートします。

« 唐松岳、花の旅(4) | トップページ | 唐松岳、花の旅(6) »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

高山の花は可愛いです。
イワハゼ なんて可愛いんでしょう

ミヤマクワガタ 何処のクワガタがいるのかと
目を凝らしてみましたがいません
花の名前でしたね(笑)

れんげさん おはようございます

高山の花は本当に可憐です。そして小さいです。
目を凝らして歩くといろんな花が見えてきます。しかし歩くのは疲れます。立ち止まってしゃがんだり、息を止めて写真を撮るので呼吸が乱れます。

ミヤマクワガタって面白い名前ですよね。
初めて聞くと、耳を疑ってしまいます。
ちなみカブトムシはムシがつきますからないです。
カブトだけならトリカブトとかあります全然違いますね。

自遊人さん おはよう〜〜〜

034 アカモノ(イワハゼとも言うのですね)可愛い姿
うーちゃんも中を覗いてみたいです
030  タテヤマリンドウ この子は背が低く気を付けないと踏んでしまいそうですね(見つけた時は嬉しいですね)
032 037は蕊大好きのう―ちゃんにはたまりません
036 ウラジロヨウラクも壷型で可愛いです
こんな素敵な花を見ながらの登山いいですね

自宅で素晴らしい花が見られう―ちゃんは嬉しい限りです

うーちゃんさん
覗いてみたくなるような花が沢山ありますよ
でもみんなすごく小さいです。
得意の虫眼鏡でも無理かもね~。
なるべく楽しめるように頑張って撮ってますよ

タテヤマリンドウに限らず、気をつけないと踏んでしまいそう。
否、踏んでるのもあるかも知れません。
下ばかり見て歩くわけにもいきませんが、案外初心者は下ばかり見ているので、花をよく見つけますね。

自遊人さんこんにちは~♪

高いお山にもたくさんの可愛いお花が咲いていますね。
それぞれ、それらしい名前も付いていてです。

1枚目と2枚目はパッと見ると色違いのお花に見えますが
よ~く見ると形も違っていました。
031花びらが寒さにブルブルと震えているようにも見えますね。
034おりひめも下から覘いてみたくなります。可愛い花ですね。
038ミヤマクワガタ・・・ほんとに長い蕊ですね。
  名前だけ聞くと、どうしても姿を見たくなるお花ですね。

おりひめさん こんにちは~

高山の花は小さくて可憐です。
最近はいろんなツアーに参加されている方が多く、花の名前とかだけならガイドさんよりよく知っている方がおられます。
ただ、現物と花の名前が一致しているかはわかりません。

花や葉っぱの形と名前の由来を説明すると納得されるようですね。
しかしミヤマクワガタはわからないですね~

この記事へのコメントは終了しました。

« 唐松岳、花の旅(4) | トップページ | 唐松岳、花の旅(6) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31