« 白山の風景 ~白山・花の旅(6)~ | トップページ | 楽しい食事 ~白山・花の旅(番外編)~ »

花の旅は続く ~白山・花の旅(LAST)~

101

久しぶりの白山。爽やかな夏空に恵まれました。宿も金曜日泊のためか予想より余裕があり楽しい登山となりました。

102_2

白山を去る前に忘れてはいけない花はやはりこのハクサンコザクラでしょうか。

103

多くの人が愛してやまないこの可憐な花も、ここ白山で見ると一段と愛らしく見えます。

104

ミヤマキンバイの花に触発されたわけではないでしょうが、花弁の雰囲気がちょっと違います。

105

よそでは目をひくミヤマキンバイもここでは脇役って感じです。

106

『古桜 ハクサンコザクラを撮す』 な~んてね

107

二輪仲良く咲いています。隣では蕾が出番を待っています。

108

さて、多くの花たちに見送られながら、室堂を後にして下山を開始しました。今日の宿は市ノ瀬にある永井旅館です。帰りは展望歩道から南竜ヶ馬場を経由して砂防新道を下ります。

109

コシジオウレンミツバオウレンと同じく三つ葉ですが、花はバイカオウレンのような梅の花の形です。初めて見ました。

110

白山よ さようなら~

111

おお~っ!なんと神秘的な緑乳白色の湖でしょう。大白川ダム(白水湖。なぜこんな色なんでしょう。

112

展望歩道、別当出合へいくつかあるコースの中ではもっとも長いですが、他のコースにはない魅力がここにはあります。

113

チングルマが白い花から綿毛のようになる瞬間でしょうか?

114

菜の花?アブラナ科だということはわかりますが、花の名前は??

115

イワイチョウの花にお客さんです。

116

クロユリ?にしては色が薄いな~

117

甚之助避難小屋。崩れかかっていますね。いくら避難小屋とはいえ、そろそろ立て替えの頃です

118

センジュガンピ。でもよく見かけるものと雰囲気違うな~

119

何段もの大きな滝、不動滝・・・ですが

120

おおっ~!下の方は立派な堰堤が~。ドミノ倒しみたいです。砂防工事ですが、ここまで芸術的な作りが必要なんですかね~

121

立派な滝なんですが、いかんせん遠いです。

122

ウバユリ。姥のように葉(歯)がなくなってから花が咲くそうです。葉の部分は他の植物の陰で見えず。

123

吊り橋を渡って別当出合に戻ってきました。吊り橋嫌いのM会員。自遊人の後ろにしがみついて目をつぶって渡りましたよ。そんなに揺れないんですけどね~

この後、市ノ瀬までシャトルバスで移動。旅館へと入りました。ここでガイドの田村さんは帰られました。山の旅もおしまい。これからは観光気分。翌日は永平寺と東尋坊に立ち寄ってから松本へと帰ります。その様子はまた後日アップします。

明日は番外編。小屋の食事だよ。

« 白山の風景 ~白山・花の旅(6)~ | トップページ | 楽しい食事 ~白山・花の旅(番外編)~ »

悠友山の会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

綺麗な山の花 

綺麗な景色

楽しそうなみなさん

此方も楽しく沢山見せていただきました

有り難うございました。

自遊人さん こんばんわ~~

110の"白山さようなら”の写真気に入りました

滝の写真は二段になってますね

120は書かれてる様にドミノに見えますね

甚之助避難小屋おんぼろになってますが これでも避難小屋の役割果たせるんかしら??

113こんな写真が見られるなんて~~ありがとう!!

このコメント昨日書いたんですが飛ばなかったです
コピペしていたので送ってみますね

れんげさん おはようございます

沢山の写真、最後まで見ていただきありがとうございました。
グループ山行も最近は立場上、のんびりと登るわけにはいきませんが、それでも楽しいです。
県外の遠くの山は天気に恵まれないとがっかりです。
今回は最後まで天気に恵まれて良い旅でした。

う―ちゃんさん おはようございま~す
コメント、再度飛ばしていただきありがとう
そして最後まで沢山の写真をご覧いただきありがとうございました。

またまた山の事故が続いていますね。
原因はいろいろありますが、残念なことです。
最近は登山道や小屋も整備されていますが、反面、未知なものにトライする時の警戒心が薄れている感じがします。
言うなれば人慣れした猿みたいなもんで、車が来てもよけないので怪我するようなもんです。

“大白川ダム”の水の色、引き寄せられそうですね。
昔、テンプターズが歌っていた「エメラルドの伝説」思い出しました。
♪湖に君は身を投げた~・・・・湖は色を変えたのさ、君の瞳のエメラルド~・・・
あの湖、ここだったりしてね。

>『古桜 ハクサンコザクラを撮す』
 見つかると大変!でも身体は柔らかそうですね。

黒と黄色の・・・トラノオ待っていましたが残念┐(´-`)┌あるわけ無いですよね。

おりひめさん テンプターズですか~
「君の瞳のエメラルド~」なんてクサイ台詞は今の若い人にはかえって受けますかね。
それにしてもエメラルド色の湖は神秘的ですね。

>見つかると大変!でも身体は柔らかそうですね。
登山道脇ですから大丈夫ですよ~。もしアカン場所でも古桜とコザクラ同化してばれません

黒と黄色のトラノオ、あったらお送りしますよ~

こんばんは~♪

↓室堂なの立山を想像してしまいました。
落ち着いて考えれば白山でしたよね。
あわてん坊なのでお恥ずかしいです。

富士山の注意点、ありがとうございました。
マスクとは意外でした。
息子に自遊人さんから教えていただいた事
伝えておきますね。
どうもありがとうございました。
連れの都合で、そちらへ着くとすぐ登り始めるらしいです。
海の近くに住んでいるので気をつけないといけませんね。

今日、テレビで「山ガール」の事を言っていました。
是非、ガイドさんとして山ガールさん達を案内してあげてくださいね。
カラフルな衣装でしたよ。

おりひめさん こんばんわ~

室堂=>立山は全く。立山の方が有名ですからね。

富士山のマスク、意外かもしれませんが、とにかく埃には参ります。
たぶん、途中の小屋で仮眠されることでしょうが、高山病予防の薬(ダイアモックス)などもあります。一般的に、かかってしまったら下山するしかないです。
http://www.lirung.com/infofile2/file010hight/
ちなみに酸素缶なるものはほとんど気休め程度だそうです。

山ガールと同じ格好した「山姥ガール」も居てます
「歩く姿はウバユリの花」
ちなみにお金を沢山落としてくれるのは"姥"なので悪口言ってはいけませんね

山のお花がこんなにあるなんて知らなかったですわ。
綺麗ですねぇ~
そして、滝まで見れるって感動しますね。
山小屋は是非新しくしてほしいですわぁ。
最近、山での事故が多くて驚いています。

ムームーさん こんにちは

花を目当てにいろんな人が山に訪れます。
旅行会社もそんな需要を見込んでツアーを組みます。

集まる人がみんな元気なら良いのですが、しばらく登ったところでバテてる人をたまに見かけます。
ガイドさんをその人にひとりつけざるを得ず、グループ全体にも迷惑がかかることになります。
お客さんだから強く言えないのですが、こういう場合はやはり海外のように断念させることも必要かもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

« 白山の風景 ~白山・花の旅(6)~ | トップページ | 楽しい食事 ~白山・花の旅(番外編)~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31