« 燕岳 ~日の出と共に広がる大展望~ | トップページ | 山は楽しい »

囲炉裏のある風景

002

青空に恵まれた北アルプス。やまたみ倶楽部で9/4~5、ひょうたん池に行きました。

003

写真は9/5の明神池。ひょうたん池は明神岳・東稜にあるこじんまりとした池(本宅参照)。

004 005

背丈以上の笹藪かき分け、石ころだらけの道無き道を老若男女20名(やまたみガイド含む)で歩きました。

006

今回は山行計画担当兼リーダーということもあり、あまり写真ありません。ガイドさんたくさん居てますが、こういう場を使っていろいろ指導してくれます。ありがたい事です。今回は日帰りの予定でしたが、嘉門次小屋の4代目当主上條さんのお誘いもあり、都合で日帰りやむ無しの5名以外は宿泊、宴会となりました。

007

嘉門次小屋は岩魚の塩焼きだけ食べて何度も利用していますが、宿泊は初めて。上高地で宿泊するのは西糸屋さんに続き2軒目です。山の中とはいえ、上高地は普通の旅館並みの美味しい食事が食べられます。

008

食後は小屋の外のテーブルで当主を囲んでの宴会。自慢ののどに聴き入りながら、みんなで山の歌を歌います。

009

一旦お開きにした後、囲炉裏の部屋に行きました。ここは日中、岩魚の塩焼きを焼いています。夜はさすがに涼しく、囲炉裏の火も心地良いです。

001

こうやって火を囲んで静かに夜を過ごすのは浪漫がありますね。その昔、北アルプスを世に広く知らしめたウオルター・ウエストンを案内したという、嘉門次さんに想いをはせながら、夜はふけていきます。

« 燕岳 ~日の出と共に広がる大展望~ | トップページ | 山は楽しい »

悠友山の会」カテゴリの記事

コメント

山での囲炉裏をかこんでの食事って
懐かしい雰囲気ですね。
ご馳走ですねぇ~

もうススキの穂がでてますか、庭のススキは葉ばかりです。

眺めがいいですねぇ~
心地よい風がそよいでいる感じがします~

ムームーさん こんにちは

山の中の囲炉のある小屋。ここは観光客も多く訪れる上高地・明神池のほとりにあります。
とても雰囲気ある小屋ですが、滅多に泊まる事はありません。
だから今回はとても楽しみでした。

山の上はすっかり秋の装い。空にはトンボが飛び回っています。
こういう場所にいると下山するのが嫌になってしまいますね。

自遊人さんこんばんは~♪

北アルプス水面が靄っていて、なんだか幻想的な雰囲気ですね。
コンテストの入賞写真のようですね。

囲炉裏を囲んで気心の知れた人たちとのおしゃべりは
疲れも取り除いてくれそうですね。
部屋のつくりも灯の色も風情があっていいですね。

おりひめさん おはようございます

この明神池に漂う霞と後ろの明神岳の風景は有名です。
よほど工夫しないと入賞できません。
でも自宅に飾るだけでも良いですね。
ここは穂高神社の奥宮になります。幽玄な風景の広がる場所で河童橋から歩いて1時間の所にあります。

囲炉裏は心落ちつきますね。家に欲しいですが、火事になってしまいますね。ちなみにちゃんと煙出しの穴があるので、いぶくないです。でも将来は小さな囲炉裏風をこしらえたいです。そんなスペースは用意してます。

自遊人さん おはよう〜〜〜

山小屋で宴会〜〜〜 なんてう―ちゃんの時代では考えられません

003  良い感じの写真ですね パチパチ

う―ちゃんは信州にお住まいの自遊人さんが羨ましいです
でもサルやクマとの共存生活は出来ないう―ちゃんですが・・・

>でも将来は小さな囲炉裏風をこしらえたいです
それが出来上がる頃おりひめ様とう―ちゃんを招待して下さいね
なるべく早い方がいいのですよ  年齢が年齢ですので(o^-^o)

うーちゃんさん こんにちは~

ここは山小屋とはいえ、上高地ですので普通のキャンパーなんかももっと奥の徳沢まで入ったりします。今はそういう時代です、

ちなみに宴会は3000m近くの山小屋でもあまり変わらない気はします。ただ、飲み過ぎると大変な事になったりしますがね~(回りが早いです)

霞たなびく明神池。人気の構図なので中々入賞する写真は撮れませんよ~

囲炉裏計画はなかなか予算の都合もあります。
出来なくともいつでもおりひめさんとう―ちゃんさんが来る日をお待ちしていますよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燕岳 ~日の出と共に広がる大展望~ | トップページ | 山は楽しい »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31