« 山小屋の食事(徳本峠小屋・槍ヶ岳山荘) | トップページ | 下山そして槍ヶ岳へ ~やまたみ倶楽部・霞沢岳山行~ »

霞沢岳 ~やまたみ倶楽部・霞沢岳山行~

1徳本峠~霞沢岳の国土地理院の地形図。某S社の山地図にものっているルートで最近人気がありますが、地形図で読み取れないアップダウン、ザレた場所があり、ほぼ一日がかりのルートです。

003

稜線歩きながら樹林帯に阻まれて視界はほとんど利かず、長く退屈な歩きが続きます。単独では心細くなりそう・・・。

004

眼下に梓川の流れ。徳沢方面でしょう。時々樹林の間からのぞむ事ができます。

005

K1ピークへの最後の登り。写真ではよくわかりませんが、足元の崩れた急登でロープ等に掴まって上り下りします。ここでメンバーの一部は引き返す事にしました。

007

ようやく視界が利くようになります。この日は穂高連峰は雲に隠れて見えず。

006_2

荒れた道の写真はありません。やまたみでは登山道整備も行っています。今日はついでに測量を行いながらの登山、倶楽部のメンバーも微力ながらお手伝い。できることで日頃お世話になっているガイド協会と登山道に恩返し。

008_2

K1に着きました。樹林帯に・・・

009

下で待機中のメンバーが手を振ってるのが見えました。動く紅葉、赤は目立ちます。この後、ガイド協会のスタッフ一人がこの待機しているメンバーの所まで戻って小屋へと先に帰りました。一応風除けにツェルトは置いていきましたが、ずっと待ってると寒いです。

010

もうひとつピーク(K2)を越えて目的地霞沢岳の頂上です。まだ時間がかかりそうですが、コース最大の難所は過ぎました。

011

眼下に上高地帝国ホテル付近、山の上には西穂山荘が見えます。こうやって見ると位置関係がよくわかります。登山の楽しみのひとつでもあります。

012

広がる緑のハイマツ、そしてこの山域唯一の活火山、焼岳。

013

穂高連峰は雲の中、岳沢がよく見えます。

014

再建された岳沢の小屋(岳沢小屋)が見えます。すごい所に建ってるなぁ~。頂上で昼食後下山開始、先に引き返した組に遅れる事2時間で小屋に帰り着きました。

行きはなんやかんややりながらで約6時間、帰りは途中でキノコ狩りしながら約4時間。他のグループの人も「きつくて引き返そうと思った」と言うぐらい、見た目より時間のかかる山です。

« 山小屋の食事(徳本峠小屋・槍ヶ岳山荘) | トップページ | 下山そして槍ヶ岳へ ~やまたみ倶楽部・霞沢岳山行~ »

悠友山の会」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜〜

003~005は秋真っ盛りで見事〜〜〜
009では手を振っておられるのが見えていますね
011では小さく小さく帝国ホテルが〜〜〜
こんなの見ると翼が欲しいです(笑)

この日も無事下山されて良かったですね

うーちゃんさん こんにちは
遡ってコメントありがとうございます

北アルプスの高峰は今が紅葉真っ盛り、これから麓へと少しづつ下りてきます。

> 小さく小さく帝国ホテルが〜〜〜
> こんなの見ると翼が欲しいです
ほんと飛んでいきたくなりますね。美味しいケーキと珈琲が待ってます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 山小屋の食事(徳本峠小屋・槍ヶ岳山荘) | トップページ | 下山そして槍ヶ岳へ ~やまたみ倶楽部・霞沢岳山行~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31