« 槍ヶ岳へ紅葉狩り<序章> | トップページ | 槍ヶ岳へ紅葉狩り<霧は晴れずそして朝> »

槍ヶ岳へ紅葉狩り<槍沢を登る>

010

槍沢ロッジからその先のババ平まではまだゆっくりとした登りですが、右手の赤沢山から崩落した岩がゴロゴロ。昔はクライミングルートがあったようですね。

01110:20 ババ平。ここまで上高地バスターミナルから4時間。今回の目的は紅葉狩りですので、天気次第では天狗原・氷河公園だけ行って日帰り下山も考えていました。

012

でも、だんだん雲が増えてきました。晴れの日でも午後になると霧が出てくるのが山の天気。今年は気温が高いので特にその傾向を強く感じます。

013

014

015

一歩一歩、刻々と変わる風景。大曲を過ぎる頃になると槍沢上部のカール地形が見渡せるようになってきます。

016

017

018

019見飽きる事のない風景。途中でおにぎり食べたりしながらのんびり歩きます。一人で歩くのは時間の制約がない点がメリットです 11:30 天狗原との分岐まで来ました。往復しても約2時間・・・でもだんだん雲が増えてきましたので、さらに上を目指して宿泊する事にしました。

020

12:00 グリーンバンドと呼ばれるモレーン上のハイマツ帯を過ぎる頃にはすっかりガスってきました。

021歩く事10分程で坊主の岩屋(播隆窟)まできました。槍ヶ岳に5回登った播隆上人。4回目はここで53日間も篭もって念仏唱えてたと書いてあります。「小屋代 飯代 なんまんだ なんまんだブツブツブツ ・・・生ビールまだか~」

02212:40 殺生小屋通過。まあ、ここ泊まりでも良かったのですが、夕方霧が晴れる事を期待して肩の小屋(槍ヶ岳山荘)まで行くことにしました。ちなみにどこかのおじさん、「せっしょう」で「さっしょう」ではありませんよ

02313:10 槍ヶ岳山荘到着。上高地バスターミナルから歩く事約7時間。一番ポピュラーなルートです。上高地から直線の最短距離は岳沢から穂高連峰を縦走してくるコース。でも途中に難所が沢山あって時間はたっぷりかかります。

関西方面からのお客さんの話を聞いていると、岐阜県側・新穂高温泉から白出小屋~滝谷出合~槍平経由がポピュラーなようですね。

« 槍ヶ岳へ紅葉狩り<序章> | トップページ | 槍ヶ岳へ紅葉狩り<霧は晴れずそして朝> »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

コメント

おはようございます≡#

気持ち良い山の風景、楽しませて頂いています^^d

今年はやはり気温が高そうですか?

紅葉の見頃時期なども変化しそうですネ

サイモンさん こんばんは

楽しんでいただけて嬉しいです\

ようやく気温は下がってきましたが、まだ例年に比べると高い日が多いですね。
涸沢の紅葉も今が見頃。例年ですとそろそろ積雪の時期ですから、だいぶ遅い感じです。
暑い日が続いていると急に寒くなるのが怖いです。

寒気の動きを見ると南下するほどに弱ってしまい、日本まであまり南下してきません。なにせ今頃秋雨前線がありますから・・・

自遊人さん こんばんわ〜〜〜

秋模様の写真沢山ありがとう!!

単独で歩かれたんですね
ちょっぴり寂しいですね・・・
まぁマイペースで歩かれ紅葉の写真が存分に写せてよかったのかもね

"槍ヶ岳山荘”立派ですね
ここでゆっくり泊まられたんですね〜〜〜

連休頃から気温が高く又夏に逆戻りです

うーちゃんさん こんばんは

この距離を一緒に歩ける相棒を捜さなければいけませんね。
もちろん宿泊代を出してくれれば誰とでも一緒に行きます。

とはいえ、写真を撮るには一人の方が気が楽です。

山小屋もぎっしり(空き部屋は沢山あるがあまりスカスカだと寒いし、部屋の掃除も面倒ですね)なので、快適とは言い難いですが、まあまあ休めます。
今年は小屋泊+小屋飯に徹したので
だいたい2食で\3000は我が家の7食ぐらいに相当します。
来年はテント泊しないとネパール行けません。
その前にガイド試験もあるし、仕事もちゃんと考えなアカンです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 槍ヶ岳へ紅葉狩り<序章> | トップページ | 槍ヶ岳へ紅葉狩り<霧は晴れずそして朝> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31