« 岩州公園(安曇野市明科)-後編 | トップページ | 赤岩の頭へ ~やまたみ倶楽部の忘年会(2)~ »

夏沢鉱泉 ~やまたみ倶楽部の忘年会(1)~

1

本宅にも書きましたが、やまたみ倶楽部の忘年会は恒例となった夏沢鉱泉で開かれました。

毎年同じ場所では飽きるのでは?当初は同じ八ヶ岳山域の北横岳ヒュッテを予定していましたが、温泉付で気心知れた山小屋、しかも麓から宿まで送迎してくれるここ夏沢鉱泉に今年もやってきました。

2到着当日(18日)、例年通り夏沢峠方面まで散策します。

夏沢鉱泉の位置(国土地理院の地図)

スノーシューを履いての散策。でも、今年は雪が少なくてスノーシューにはいまいち不適、アイゼンも借りられるだけ借りて出かけました。

3

天気は曇り。霧氷が綺麗ですが、枝の上に雪はなく気温も比較的高いです。

4

5それでも水面には花が咲いたように見える、氷の結晶が歩く人の目を楽しませてくれます。

8

6ひょぇ~ 沢が氷の川になってるぅ~標高2000m超のこの地でも、この冬は大雨が降ったりした影響がこんな所にも現れています。

9アイゼンはまだ良いけど、スノーシューはおっかなびっくり。

7ガイドの人達遊んでます。アイゼン無しでトコトコトコ~って渡りきりました。

不慣れな人でも、グリーンのロープを頼りにすれば、アイゼン無しでも渡れますが、これは本格的にアイスクライミングの練習が出来そう。こんなのは初めてです。

今後、積雪が増えると覆われてしまい危険が高まりますので、登ってくる人は場所を夏沢鉱泉でよく確認しましょう。

10

視界が開けてくるとともに空も少し明るくなってきました。予報では天気は回復方向です。

11

冬は営業していないオーレン小屋に着きました。ちょうどお昼ですし、冬期避難小屋のあるここで腹ごしらえをすることにしました。今回は先日azumino-macroさんに教えていただいた玄米の糒を持参しましたよ。さすがにマイナス10℃以下の地。お湯を注ぐだけではいまひとつって感じでしたが、梅干しとかあれば十分実用に耐えますね。自家製のアルファ米。ストーブで手作りできるこのシーズンに作りだめして、どの程度保存できるか実験してみましょう。

---<続く>---

« 岩州公園(安曇野市明科)-後編 | トップページ | 赤岩の頭へ ~やまたみ倶楽部の忘年会(2)~ »

悠友山の会」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

辺り一面雪だと方角が分からなくなりますが この積雪だと間違わないで歩けそうですね
8・9・6・7スリップしてしまいそうです
下まで尻滑りで行ってしまいそうですが・・そんな人はいなかったようですね
こんな場所に出くわすと真剣勝負になりますね
へらへら笑っては先に行けません 写真見てるだけで足が震えて来ました

うーちゃんさん こんにちは

ここは1本道なので間違える事は少ないでしょうね。
でも少し上の樹林帯の道はわかりにくい場所もありましたよ。

写真の場所はよ~く凍っていました。ルート上にこんな場所があるとは思いませんでした。小屋の人がロープを渡してくれていたのでなんとか通過できますが、なかったら苦労した事でしょう。

アイゼンがあるのでまだよいですが、万が一のためにザイルを張りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩州公園(安曇野市明科)-後編 | トップページ | 赤岩の頭へ ~やまたみ倶楽部の忘年会(2)~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31