« 鳳凰三山、花の旅 | トップページ | 鳳凰三山、滝めぐり ~ ドントコ沢の下りは辛いよ »

南御室小屋

22

写真は宿泊した南御室小屋。鳳凰三山にはこの他に夜叉神峠小屋、薬師岳小屋、鳳凰小屋があります。
南アルプスは“昔ながらの小屋”の雰囲気で、繁忙期以外は小屋番も多くはいないところが多くあります。トイレも外に出た場所にあります。

20 21

小屋の中とテントサイト。
1階の一部が食堂部分になっていますが、さらにその一部も繁忙期は宿泊スペースになります。宿泊は1階奥と2階。この日は3グループ、クラブツーリズム約20名ほどの団体さんも泊まっていました。
テント泊の東京から来たというワンゲルの男の子のグループがいました。
どこの学校だかはっきり名乗らず地味な感じでした。

30 31

25日の夕食と26日の朝食。
山小屋にしては珍しく、ご飯が美味しく炊けていました。
朝食に生トマトが出たのも嬉しいです。生野菜は日持ちしませんからね。
ちなみに自遊人は26日昼のお弁当は食べませんでしたが、美味しかったようですよ。

小屋番はご夫婦?と思われる2名で50名弱のお客さんの対応されていました。

通過した他の小屋
23 24

夜叉神峠小屋と薬師岳小屋

25左写真の鳳凰小屋は以前宿泊しました。

この日は昼食でテーブルを貸してくれました。
気さくなおじさんとちょっと格好いい兄さん。兄さんは覚えがあるけど主人は良く覚えていません。ごめん。
小屋の回りの花を教えてくれたり、ここも感じのいい小屋で、水が美味しいです。
テントサイト、トイレはこの建屋右側にあります。

26

白飛びしてピントも甘いけど、よく見かける白い萼のゴゼンタチバナ。
花に見える白い部分は萼。秋に赤い実が沢山なりますよ。(花ひとつでは実が沢山なるのは変ですね)
一昨日アップした緑のと比較してみてください

« 鳳凰三山、花の旅 | トップページ | 鳳凰三山、滝めぐり ~ ドントコ沢の下りは辛いよ »

悠友山の会」カテゴリの記事

南アルプスエリア」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

歩いていて小屋の姿が目に入った時の嬉しかった事〜〜
こんな記憶が今でも残っています

小屋で仕事される方 大変でしょうね
好きでないと 下山も出来なしずっと缶詰状態・・ 携帯は繋がるの??
未だ雪山で缶詰状態の小屋番よりも良いかなぁ??
でもこの方がおられるので登られるんですよね

白い萼のゴゼンタチバナ中心部分が花なんですね
なので沢山の実が付くのですね


小屋もたくさんありますね。
食事の世話をされるのはお疲れでしょうねぇ。
大勢の方が泊まられるのですね。
このお花の実はどんなかしら、可愛いでしょうね。

自遊人さん、こんばんは^^
(続きのコメントです)
泊まった山小屋は、鳳凰小屋だったのかも知れません^;
(本当に、記憶が薄らいでしまっています)
ワースト3に入る山小屋だったことだけは覚えているのですが・・・・^^;
確か、小屋から朝出発して少し歩いたら、南御室小屋が見えて、
泊まった山小屋よりはるかに心地よさそうな小屋だったので、
すご~くガッカリしたのを、はっきりと覚えているんですよね^^;
自遊人さんのレポートを見ていたら、
当時のことが少しずつ思い出されてきて、懐かしい気持ちになりました。
あの時でさえ、@@;という感じの山小屋でしたが、
それからン十年経った今でも、変わらないんですね!@@;
北アルプスの山小屋、特に白馬方面の山小屋はとってもきれいなので、
そのあまりのギャップに驚いたのでした。
南アルプスの登山者、結構いると思うんですがね・・・・^^;

うーちゃんさん おはようございます

小屋や下山口が見えた時は本当に嬉しいです。
テント泊はテントを建て終わるとホッとします。
これはグループ山行の時は特に強く感じます。歩いている時は緊張の連続ですからね。
でも、小屋の中の階段から落ちてヘリで運ばれる人もいますから、油断はできません。ツアーガイドとかはその意味では大変ですが、いろんな人との出会いは楽しいと思います。

北アルプスは比較的アクセスが良く、途中で休暇もあり下山できる所もありますが、南アルプスのように山奥だと小屋に詰めっぱなしという所も多いと思います。
ただ、最近は携帯も繋がる場所は多いしインターネットの出来る小屋まであります。テレビも例えば槍ヶ岳の小屋では地デジが普通のアンテナで見られます。(衛星の地デジ難視聴対策が山小屋に適用されるかは不明)

> 雪山で缶詰状態の小屋番
徳沢の小屋番さんなんかはそんな感じですね。
相棒はワンコだけ。お客さんが来てもいつもいい人とは限らないし、大変だと思います。食事は用意ありませんが、布団と暖房を用意してくれるだけでもありがたいです。

ゴゼンタチバナ、多くの人は花に思っています。
ただ、秋に赤い実が沢山つくことを知っている人に説明すると「なるほど」と容易に理解してもらえます。

ムームーさん おはようございます

この小屋は二人で切り盛りしていました。
でも食事が綺麗に盛りつけしてあって嬉しかったです。
山小屋の朝は早いですから、朝食の準備は大変でしょう。
お客さんいなければ昼寝する時間もできるかもしれませんが、仕事は沢山ありますね。

> このお花の実はどんなかしら、可愛いでしょうね。
赤い実が沢山つくのですよ。
以前アップしましたが、また撮ったらアップしますね。秋までお待ちください

azumino-macroさん おはようございます

自遊人は基本的に自炊テント派ですので、小屋に対してあまり不満を持つことはないのですが、それでもある南アルプスの小屋には参りました。
繁忙期に寝床が狭いのは仕方ないとしても、食事、ご馳走でなくても良いですが、せめてご飯だけは沢山食べたいのにおかわりしてもちょびっとしか出てきませんでした。

南アルプスの小屋はたぶん県営が多いのでしょう。北アルプスのそれが民間企業なのと大きな違いと思います。
違っているかも知れません。でも、手作り感あふれる昭和初期の雰囲気の小屋が多いのはそのせいかも知れません。

鳳凰小屋もオンボロですね。食事も確かカレーだった記憶があります。
ただ、小屋番さんのおもてなしは良いと思います。
今回も気さくにいろいろ話をしてくれました。通りすがりの客なのにね。
何人かはお土産買っていきましたが、ちょっとしたおもてなしが収益につながる良い例だと思いました。
まあ、オンボロ具合は変わりませんね。

去年、八ヶ岳をグループ縦走した時、権現岳の小屋に泊まった翌日、次のキレット小屋が綺麗だった(建て替えられたばかりもあるが)のでがっかりしたことがあります。
ただ、そこまでの1時間半の体力がなくてはたどり着けませんね。
グループ登山では小屋選びも苦労します。
今回、南御室小屋が良いとのことで泊まりましたが、コース配分的にはその先の薬師岳小屋のほうが良かったかも知れません。

この記事へのコメントは終了しました。

« 鳳凰三山、花の旅 | トップページ | 鳳凰三山、滝めぐり ~ ドントコ沢の下りは辛いよ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31