« 南アルプスへ(3)~紅葉前の花の旅~ | トップページ | 南アルプスへ(5)~青空を求めて~ »

南アルプスへ(4)~富士山と雲を眺める~

70

これまで何度か登場した富士山。南アルプスからは遮るものなくすそ野の方までよく見ることができます。

71 72

11日朝7時前の雲の様子。上空は右写真のように絹雲が見えています。この雲は高度8000M位に現れます。一方、左写真では富士山のまわりには雲海、そして右手に積乱雲が見えます。この積乱雲は頭部が崩れてカナトコ型に崩れていますので発達していることがわかります。

738時20分頃。富士山は雲に埋もれようとしています。
この後、南東側の笊ヶ岳などのある稜線が雲に隠れ、30分後には歩いている小赤石岳の尾根までやってきました。

74

11日18時頃、荒川小屋から。富士山の頭が雲海からのぞいています。上には月が。満月に近いですね。翌朝は雲もなくなりすっきりと晴れました。

76

12日6時半過ぎ。日はだいぶ高くなりました。左手は丹沢山地でしょうか。
この日はすそ野の方までよく見えています。

77 78

今日のタイトルと関係ないですが、荒川岳・中岳の南東側には圏谷(カール)が見られます。代表的な氷河地形として知る人も多いと思います。

79

荒川岳稜線から紅葉したウラシマツツジと富士山

81

駿河湾や伊豆半島まで見えます。
なぜか郷愁を感じるのはやはり自遊人が関東育ちだからでしょうか。
小学生の頃はよく伊豆へ遊びに行きましたし、家から富士山をよく眺めていました。
ピアノも習っていました。考えてみると、その頃が一番幸せだったかも知れません。

富士山は自遊人にとって思い出深い山です。

« 南アルプスへ(3)~紅葉前の花の旅~ | トップページ | 南アルプスへ(5)~青空を求めて~ »

悠友山の会」カテゴリの記事

南アルプスエリア」カテゴリの記事

コメント

おはようございます☆

台風15号、阪神エリアは直撃を免れ交通機関も平常です
先の12号で大きな被害が出た紀伊半島や進路に当たる東海、甲信越、関東、東北(またしても・・・)の方、十分注意してください、無事を祈ります・・・としか言い様ありません
自遊人さんもお気をつけて・・・

富士山とのコラボ、素晴らしい風景が展開しています
関西人のサイモンは富士山を見れるのは東京出張があるときで、見れるだけで感慨無量になります♪

微妙な空模様の時の方が素晴らしい景色に巡り逢えます

そうですね♪、東京でお住まいだった自遊人さんにはいつもある風景だったのですね

私は子供や若い頃には余り良い思い出は無く、今も余り思い出したくありませんが、その時の体験が現在に繋がっているんだ・・・と思う様にしています♪
それなりに苦しいのは若い頃からいささかも変わらないのでしょうが

自湯人さん こんにちわ〜〜

富士山綺麗ですね〜〜

富士山グルッと一周りした旅行思い出しました
この時も父や母と一緒だったのでずっと観光タクシーをお願いしていました
ものすごく綺麗な富士山が見れました

忍野八海で記念撮影した写真を"TELカード”にして今も持っています

登れば"ゴミの山”と言われてますが 遠くからだととっても綺麗ですね
今でも人気があって沢山の方が御来光を見に登られていますね

サイモンさん 山麓では台風の影響があったようですが、無事仕事場へ着かれたでしょうか?
雨は強弱繰り返しながら昨日から降り続けています。
自遊人の所も山は近いですが、万が一土石流が発生しても家に影響はないと考えています。但し、警戒地域であり、近所ではよく土砂が流れてくる場所は何ヶ所かあります。

自遊人の家から富士山を見るには、燕岳や美ヶ原に登る必要があります。近所のファインビュー室山という温泉施設から頭だけ見えるようですが、まだ見に行ったことありません。

天候不良でも翌日の回復を願って山に登る気持ちはわかります。
でも小屋に着く前に遭難しては元も子もないので慎重な行動と、あと停滞できる時間的ゆとりも必要です。

人生いろいろありますね。常に前向きに生きていきたいものです。

うーちゃんさん 一度降り始めると天の栓が抜けたように振り続けます。
こういう雨は庭木には恵みとは言えないかも知れません。

さすがに南アルプスまで来ると富士山三昧、年賀状の写真にどれ使うか迷います

富士山のお鉢巡りは多くのみなさんがされますね。
富士山のビューポイントは何ヶ所もありますが、忍野八海も良いですね。
やはり見る山、登る山ではない気がします。

御来光を拝む行為は自遊人はやらないのですが、たまに見かけます。
写真を撮る人も多いですが、どこで撮っても変わらない気がします。
本人が満足しているから良いですが、何年後かに見た時整理しておかないとどこのかわからなくなります。

自遊人さん、こんばんは~
富士山の写真、どれも素晴らしいですね!
特に月と富士山の写真は幻想的で、秀逸です!
まるで北斎か日本画の世界ですね!
大きく引き伸ばして部屋に飾っておきたいです^^
やっぱり、富士山って絵に(写真に?)なる被写体ですね~。
関東圏だったので、冬晴れの日には、遠くからでも眺められる
結構身近な山でした。
素敵な写真、ありがとうございます!

azumino-macroさん コメントありがとうございました

やはり富士山は見る山、南アルプスは富士山の展望台です

朝焼けも良いですし、日没後のお月さんもいい感じでした。
おっしゃるように幻想的で引き伸ばしてもいいかも知れません。

首都圏に住むものにとって富士山のある風景は魅力のひとつです。
都会のど真ん中からもよくビューポイントが紹介されています。
スカイツリーからはまた違って見えるのでしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 南アルプスへ(3)~紅葉前の花の旅~ | トップページ | 南アルプスへ(5)~青空を求めて~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31