« 南アルプスへ(6)~北岳はいずこ~ | トップページ | 南アルプスへ(8)~小屋の食事とか~ »

南アルプスへ(7)~雷鳥~

90a

あたりは霧でよく見えませんが、こんな天気ならではの楽しみがあります。
「おぉぉ~おるおる」(見えますか

90b成鳥がこれだけ群れなしているのは珍しい。

Thunderbirds are go

って・・・違うか!

91

91b全て見つけられたかな?

92

92b_2こちらはどうでしょう?

あまり画面を見つめていると目が悪くなりそうです。

93

少し白い羽が見えてきました。そろそろ冬支度。

94

95

天敵に襲われたりしないで生き延びて欲しいです。   

« 南アルプスへ(6)~北岳はいずこ~ | トップページ | 南アルプスへ(8)~小屋の食事とか~ »

悠友山の会」カテゴリの記事

南アルプスエリア」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん、こんばんは
ライチョウさん、カワイイですね!
本当に保護色なんですね~。
以前は、よく3000m級の山で見かけたものですが、
今年、常念岳ではお目にかかれませんでした^^;
他の方は、見たと言っていたので、
今年はお天気と言い、ライチョウさんといい、
あまり運がなかったようで、ちょっとガッカリしています。
来年は、ライチョウさんに会えるように、また頑張りたいと思います^^;

azumino-macroさん コメントありがとうございました

昨日(24日)、常念岳でライチョウさんに会いましたよ
天気は良かったですが、ちょうど飯時だったのでしょう。雷鳥調査もやったことのあるガイドさんの話では、人も多いので天敵も近寄りにくいし出てきたのではという話でした。
そのうちアップします。

ここのは実に見わけにくい色でした。写真に撮るのも一苦労でした。

こんばんは☆

凄い数の雷鳥ですね♪

オマケに保護色が良く効いてて、携帯画面では見えにくいこと(爆)

南アルプスはまだまだ人に荒らされていない証なのでしょうか?
それとも去年の冬が激寒だった影響でしょうか??

氷河期からの生き証人、大事にしたいものです♪

Youtubeのサンダーバード、萌えちゃいますねぇ〜♪
当時のNHKの「ひょっこりひょうたん島」とは雲泥の差があった人形劇で今日的にも楽しめる内容には戦勝国イギリスBBCの底力を見せつけられた気分で、一方で凄く情けない思いがしたことを覚えています(涙)

因みに北陸線の特急「雷鳥」を全部「サンダーバード」に改名してしまったJR西日本のセンスの悪さを嘆く限りです(苦笑)

サイモンさん 携帯画面からありがとうございます。
大きな画面でも見にくいです。
実際も見つけにくくて、写真に撮るのも一苦労でした。

南アルプスは鹿の繁殖や温暖化で決して雷鳥にとって住みよい環境とは言えません。今回、これだけ出会えたのは非常にラッキーとも言えます。
天敵も多く、また自ら命を落とす場合もあります。こんな足場の悪い所ですからね。

サンダーバードは今日でも十分楽しめる出来だと思います。
あの微妙にリアルな人形劇、頭から滑っていって怖くないかとか、短いカタパルト発信、いつも宇宙にいる兄弟はかわいそうとかつっこみがいの沢山あるストーリーもまた楽しめます。

そういえば北陸線の特急「雷鳥」なくなっちゃいましたねぇ。
昔、スーパー雷鳥なんて時期もありましたね。サンダーバードと何が違うのか不思議に思っていました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 南アルプスへ(6)~北岳はいずこ~ | トップページ | 南アルプスへ(8)~小屋の食事とか~ »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31