« ナムチェバールにて見かけた花(シャンボチェにて) | トップページ | ナムチェからタンボチェへ(11月10日) »

エベレストビューホテル

2011_11_09_1348

2011_11_09_1343_2シャンボチェの丘に位置するエベレストビューホテル
その展望テラスからの眺め。

確かにエベレストは見えますが、はるか彼方。
しかもやはり裾野は見えません。鎌倉から箱根越しに見る富士山の雰囲気。まわりの山が立派すぎるのです。

2011_11_09_1357

2011_11_09_1357_01LhotseからNuptseにつながる7000m級の稜線越しにしか見えないのである。
すっきりとした姿を見るにはチベット側に行かねばならないのですが、政情不安で容易には行けないなぁ~。

今回、この山群を西に回り込んだ所に位置するカラパタールが最終目的地でもあり、エベレスト登山への入口にもなります。(ちなみにエベレストベースキャンプはカラパタールの東方、クンブー氷河の端に位置します)

2011_11_09_1355

堂々としたローツェの姿が美しい。
東端(写真右)に見える雪煙が上空の西風(偏西風)の強さを物語っています。
でも、今回、5500mまで行っても風が強くなく穏やかだったのは驚きでした。

2011_11_09_13652011_11_09_1362

二十数年前、ユングフラウヨッホで味わったケーキ(確かザッハートルテではなかった)と珈琲ほどインパクトはなかった(この時は海外旅行初めてだったこともある)ですが、こうしてのんびり過ごす時間は日本ではなかなか味わえません。

2011_11_09_1372

2011_11_09_1360

2011_11_09_1358

ガラスに映りこんだ山を撮したくて・・・
メモリアルボードがありました。有名人は違いますね。

2011_11_09_1349_2

クムジュンの町の端ッこが見えます。
一昨年ナムチェバザールまで来たメンバーはクムジュンまで観光したそうです。
今回は行きませんでした。

2011_11_09_1352

2011_11_09_1260ヘリが飛んでいました。

レスキュー、遊覧飛行・・・なんでしょう?

高山病で麓に下ろされるトレッカーやクライマーも多いそうです。お世話にならなくてよかったですが、別の日本人ツアーのグループで下ろされた人がいたそうです。

2011_11_09_1267

2011_11_09_1273

飛行機も頻繁に飛んでいましたが、こちらは遊覧飛行とかですかね。
ちなみにシャンボチェまで飛行機で来れるようですが、高度順応は必要なので早く着いてもすぐ歩き出せるわけでないし、金は結構かかるそうです。

2011_11_09_12952011_11_09_1300

2011_11_09_1312

2011_11_09_1327

2011_11_09_1388

タムセルク(Thamserku 6623m)もいつも視野に入る形のいい山でした。

2011_11_09_1386

ルクラから歩いてきた谷間の町、渡った吊り橋を眼下に見下ろすことができます。

2011_11_09_1385

2011_11_09_1392

コンデ・リを見ながら、ナムチェの町へと帰りました。
この後、ナムチェ組は帰路に、カラパタール組は明日は予定通りさらに前進することになりました。

« ナムチェバールにて見かけた花(シャンボチェにて) | トップページ | ナムチェからタンボチェへ(11月10日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

悠友山の会」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん、こんばんは
エベレストビューホテル、名前が凄いですね!^^;
エベレストだけでなく、他の山も強者揃いという感じで周囲にそびえているので^^;
エベレストと言えども、富士山のようには目立たないんですね^^;
それにしても雄大過ぎて、スケールが違うので、登頂する人もいると思うと、気が遠くなりそうです@@;
これに比べて、北アルプスなら、何とかなりそうな気がしてきました?^^;

azumino-macroさん コメントありがとうございます
○○ビューホテル(ロッジ)の中でもここは格が違う感じがしましたよ。

エベレストをすっきり見るにはチベット側が良いようですが、政情がよろしくないので気軽には行きにくいです。
すっきり見えないから登ってみたいと思うのがやはり人の気持ちでしょう。
そしてそんな人をサポートするのが地元の住民、シェルパ族です。
日本の山も民族は同じものの、やはり地元の人が案内しました。
こういうサポートしてくれる人の力がなければ登るのは大変でしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

« ナムチェバールにて見かけた花(シャンボチェにて) | トップページ | ナムチェからタンボチェへ(11月10日) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31