« さらに未体験の領域へ・・・チュクンへ(11月13日)前編 | トップページ | チュクン・リ登頂へ(11月14日前編) »

雪と氷の世界・・・チュクン(11月13日)後編

2011_11_13_0136

2011_11_13_01372011_11_13_0139

2011_11_13_0138

2011_11_13_0140

2011_11_13_0147

2011_11_13_0149美しい雪と氷の壁

アップだけですと同じ雰囲気ですのでワイド写真を貼付しました。

チュクンまであとわずかですが、到着後の散歩も含めた記事にしました。

画像のサイズも落としているので十分に伝えられませんが、一度でよいからこの氷の滝の中に立ってみたいです。

2011_11_13_0141

遠く見えたローツェ。その南壁が迫って見えます。

2011_11_13_0144

氷河の痕跡。今回の旅では表面に露出している氷河の上は歩きませんでしたが、こんな氷河の跡はいくつか渡りました。

2011_11_13_01432011_11_13_0145

川の水も空気も冷たく、日中でも氷は残っています。でも、やがて全て凍ってしまうのでしょう。

2011_11_13_01502011_11_13_0151

遠くまでやってきました。明日登るChhukhung Ri(5550m)が“”のように見えます。(右写真、中央より左寄り上)
お昼前、チュクンのロッジに到着しました。

2011_11_13_0159_22011_11_13_0161

ずっと見えてきたAma Dablamもずいぶん違った雰囲気に見えます。
昼食後、チリンの案内で近所を散歩することになりました。

2011_11_13_01652011_11_13_0167

2011_11_13_01702011_11_13_0174

2011_11_13_01782011_11_13_0179

霧の中からローツェが少し顔をのぞかせました。でもこれ以上は・・・明日に期待です

2011_11_13_01812011_11_13_0182

綺麗な模様の石がありました。残念だなぁ・・・持ち帰れないなぁ~

2011_11_13_01842011_11_13_0185

今夜もカレーでした。ポップコーンはつまみかな~
でも高所なのでアルコールはNGです。

« さらに未体験の領域へ・・・チュクンへ(11月13日)前編 | トップページ | チュクン・リ登頂へ(11月14日前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

悠友山の会」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

"美しい雪と氷の壁”見事ですね〜〜
山全体が氷で出来てる様にみえますよ〜〜
ここはこの雪や氷が解けて山肌が見える事あるのかなぁ??
いつまでも眺めていたいですね

巻き寿司が何で一切れ??
もっと食べたかったのでわ???

カレーも美味しそう〜〜

うーちゃんさん コメントありがとうございます

美しい見事な風景ですね。もしこの雪や氷が解けて山肌が見える自体になったら地球全体の気候が大きく変わるだけでなく、海面の上昇で多くの都市が水没することになります。
地球全体の水の量はほとんど変わらないそうです。そして宇宙に逃げていく水はほとんどないそうです。極地方や山の氷も全体のバランスをとるために大きな役割を果たしています。

> 巻き寿司が何で一切れ??
おかわりできますよ。でもそんなに沢山は食べられないですよ。
たくさんおかずがあるし、ご飯もおかわりできますからね。

カレーはマサラで作られたものです。自遊人は最近、ルーを使わないので食べ慣れている味でした。辛さはよく抑えられていましたよ。

こんばんは☆

大雪渓、氷河、雲間から見える幻の様な人を寄せ付けなさそうな鋭い山嶺・・・・もうこの高度まで来ちゃうと非定常の世界も良い所ですから(爆)

この時点で高山病で脱落している人も居る訳ですからラッキーと云うしか有りません♪
こうやって記録写真を見れるサイモンもラッキーのお裾分けをしてもらっています(^^ゞ

サイモンさん コメントありがとうございます

クライマーという人は難しそうな所を見ると登りたくなるようです。
少しでも楽な所から登ればいいと思う自遊人は観光登山者です
日本人が日常体験するのが難しい高度、滞在している時にはさほどその事を感じませんが、後で振り返ってみると色々なことを学ぶことができたように思いました。

ブログ用に画質を落とさざるを得ないのが残念。

自遊人さんこんにちは。

雪と氷の壁にびっくり!こんな前に立つと人生観
も変わりそうですね。
巻き寿司も食べれるなんて素晴らしい、不自由はない
ようですね。
楽な所から登ればいいと素人の私は思いますわ。

ムームーさん コメントありがとうございます

日本では見ることのできない風景、人生観変わりますかね

キッチンチームが口に合う料理を作ってくれました。
コック長は日本で修行しただけあって味付けもでした。
家に連れて帰りたかったですねぇ
ちなみに現地の人は酸っぱいものは駄目なようです。
スペイン料理で使うバルサミコ酢がありますが、日本の食酢とは雰囲気が違いますね。この酸っぱいお酢は日本特有かも知れません。

> 楽な所から登ればいいと素人の私は思いますわ
クライマーは人と違った所を登りたいようです。
そもそも変わった人が多いです・・・自遊人も含めてね

自遊人さん、こんばんは
凄い、凄すぎる雪と氷の壁!@@;
こんな所が、この地球上にあるんですね^^;
綺麗な石や変わった石があると、私も時々、本当はいけないと分かっていても、
記念で持ち帰ったりしてしまいます・・^^;
それにして、はっきりとした縞模様の石ですね。
ポケットに入れるには、少し大きいですね^^;

azumino-macroさん コメントありがとうございます

日本では見ることのできない迫力ある風景です。
凄い雪と氷の壁ですが、トライしたいと思う人もいるんでしょうね。

石は磨いて(会社で捨てる設備をもらった)顕微鏡(子供の頃買ったおもちゃみたいなやつ)で見ると楽しいです。
> ポケットに入れるには、少し大きいですね^^;
大きかったです・・・垂直に切ってみたかったですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« さらに未体験の領域へ・・・チュクンへ(11月13日)前編 | トップページ | チュクン・リ登頂へ(11月14日前編) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31