« アンナプルナの夜明け、そして旅の終わりに | トップページ | 冬の入笠山(沢入コース)トレッキング »

ネパール最後の日々に思う (終)

2011_11_24_0456

旅もいよいよ終わりに近づいてきました。長く続いたネパールトレッキングの記録も本稿で終わりです。帰国の途についた日からちょうど一ヶ月、今日はクリスマスですね。

2011_11_24_04552011_11_24_0461

2011_11_24_04622011_11_24_0463

記事自体は予約投稿ですのでずいぶん前に書き上げました。
ここまでおつきあいいただいた皆さん、コメントいただいた方には本当に感謝いたします。

2011_11_24_04672011_11_24_0465

2011_11_24_04662011_11_24_0464

旅に対する思いは人様々。ブログでは伝えられないこともたくさんあります。
この計画が立案された時から全ての資源をこれに向けて集中してきました。
でも準備期間が長かったわりには課題の多くは解決できませんでした。

2011_11_24_04722011_11_24_0473

2011_11_24_04802011_11_24_0481

言い訳になりますが、課題クリアのため計画したこと、3月の大震災の発生、夏のグリーンパトロール不採用などで実行できなかったことも痛かったです。

2011_11_24_04832011_11_24_0489

2011_11_24_04912011_11_24_0500

今、エベレスト街道トレッキングの旅は終わろうとしていますが、心の旅路はまだ来年も続きます。

2011_11_24_05012011_11_24_0504

ひとつの旅が終わった時、また新たな旅が始まります。
日は西に傾き、カトマンズの町が見えてきました。

夜はネパール料理でさよならパーティ。

2011_11_24_0505

2011_11_24_05102011_11_24_05112011_11_24_0514

肖像権もあるから表情は勘弁。みんな楽しそうでしたが、調子悪くて沢山食べられなかった自遊人はとても悔やまれました。(ちなみに動画中心に撮りました)
でも、変な病気じゃなかったようで良かったです。

2011_11_25_0516

翌25日の朝、出発までの時間を使ってSさんの誕生祝いがありました。
この日が本当の誕生日。ケーキをお呼ばれして嬉しかったですが、いかんせんこの日も不調でした。

2011_11_25_0531_2

午後バンコクへ向けフライト、夜乗り換えて翌朝名古屋に着きました。
フライトは順調でしたが、体調は絶不調

帰国後1週間は本当にびくびくものでしたが、食欲は戻ったので良かった

( 終わり )

« アンナプルナの夜明け、そして旅の終わりに | トップページ | 冬の入笠山(沢入コース)トレッキング »

旅行・地域」カテゴリの記事

悠友山の会」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

"エベレスト街道トレッキングの旅”楽しく見せて頂きました
沢山の思い出が出来ましたね
何のトラブルもなく皆さん揃って帰国された事がなによりですね

今度は登山ガイドのお仕事に全力を出されて下さいね
暖かくならないと活動は出来ないかもね

>ネパール料理でさよならパーティ
良かったね
ネパール料理が出て来て〜〜

うーちゃんさん 最後までご覧いただき、またコメントの数々ありがとうございました

ツアーとは違うグループ旅行。しかも3週間強という長い日程。
いい経験ができたように思いますが、隊長さんにはだいぶ迷惑をかけました。トラブルがなかったのは現地ガイドのチリンとT隊長さんの協力の賜と思います。

> 今度は登山ガイドのお仕事に全力を出されて
そうですね。ただ一方である女性から弱点を見抜かれて迷っている部分もあるのですよ。本当にやりたかったことは何なのか、しばらくはガイドをやりながら考えていくつもりです。

> 暖かくならないと活動は出来ない
山登りはハードでやりませんが、雪の季節でないとできない遊びがたくさんあるんですよ。

ネパール料理でさよならパーティは良かったのですが、体調は最悪で食べられずでした。シクシク

☆長い準備期間を経て臨まれたのでしょうが実際やってみないと分からないことが一杯あったのが良く解ります

一つの大旅行の記録、楽しく拝見させて頂きました♪

次回作(爆)にも期待してます♪

サイモンさん 最後までご覧いただき、またコメントありがとうございました

カメラの買い換えからパソコンの購入とお金で済むことは準備できても、体力的なもの精神的なものはなかなかうまくいきませんでした。まあ、これもひとつのいい経験になりました。
一気に全部書き上げて予約投稿しました。時間が経って読み返すと変な部分があったりしますが、まあいいかなぁ~って結局はそのままでした。

> 次回作(爆)にも期待してます♪
もう少しコンパクトにしたいですね。12月で観光が暇だったからよいですが、記事にするのにくたびれました。

自遊人さんこんばんは♪

カラパタール登頂おめでとうございます。
本宅のほうにUPされていませんでしたから
断念されたのかと残念に思っていましたが
“そうだ!別宅のほうだ”と気がつき覗いてみました。

そしたらたくさんの画像がUPされていてホッとしました。
長い期間訪れていたのですね。
エベレスト街道、夜明けの写真、氷河の写真、現地の街の様子など
楽しく見せていただきました。
標高が高くなると体調だけでなくメンタル面にも影響が出てくるのですね。
自遊人さんお腹の調子が良くなかったそうでご馳走が思う存分食べられなくて残念でしたね。
今回の旅行の写真、20年後30年後に縁側で日向ぼっこしながら
眺めると楽しいでしょうね~。
(その頃、まだ現役で登山してるかも・・・)

おりひめさん 遡ってご覧いただきありがとうございました。

NHK-BSでエベレスト・ハイビジョン撮影の様子を何度も放送しています。
核心部は当然未知の世界ですが、途中までは我々と同じような旅の様子。高度順化のための行動計画は観光でも登山でも大して変わりません。

事前にいくつかの予測を立てて臨みましたが、性格に起因する部分は克服できませんでした。技術もさることながら、46時中顔をつきあわしている事は家族でもそんなにないことで、子供の頃から「協調性がない」と通信簿に書かれてた自遊人にとって、次回の海外山行を計画する上で改めて大きな課題となりました。

食事はキッチンチームがご馳走を作ってくれたのはグループにとってはよかったですが、自遊人にとってはきついものでした。
生活リズムを「食」でとっているので、日本食が出てくると日本にいる感覚が抜けず、たった3時間の時差が修正できませんでした。
睡眠が十分取れないだけでなく、食事のパターンがおやつ感覚。体重が5kg近く増え、いまだ影響は残っています。

去年、ある知人に「ガイドに向いてない」と言われました。
実は自分自身もそのように思っていた所で、そもそも山とのつきあいは「登る」事に意味合いを求めて始めたわけではなく、「写真を撮る」ために向かった先に山があったという感覚で、今でも旅のスタイルはあまり変わりありません。
ただ、ここに住んでいる限り山は生活の一部になっています。その恩恵を受けているからには何か恩返しをしたい。そのためにガイドを通して環境のことを人と一緒に考えていきたいなぁと、今は思っています。

長くなりました。今朝は予想外の雪が降ってます。て暖かくなる予報でしたが、しつこい寒気です。

この記事へのコメントは終了しました。

« アンナプルナの夜明け、そして旅の終わりに | トップページ | 冬の入笠山(沢入コース)トレッキング »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31