« 上空から・・・そしてカトマンズへ <カトマンズへの帰路編(終)> | トップページ | カトマンズからポカラ観光へ(後編) »

カトマンズからポカラ観光へ(前編)

2011_11_22_19412011_11_22_1942

カトマンズに帰ってきてのホテルは「アンナプルナホテル」
外観もエントランスも前のフジホテルとえらい違いだな。場所も路地裏ではなく洒落たお店が並ぶ広い通り沿いです。

2011_11_22_194022日はスムーズにカトマンズに着きました。
ルクラでロッジ飯(※前夜宴会だったしキッチンチームはお休みでした)で朝は軽く済ましていましたが、バイキングとなれば食べずにはいられませんね。

2011_11_22_1943

早く着きすぎでチェックインできないので食べながら待機していました。

3週間、めんどくさいしヒゲをそのまま伸ばしました。
(一応、洗面器のお湯は宿に到着した時と朝、用意してくれたのですが・・・)
全然似合わないなぁ~。だいたい貧乏ったらしいのに、ますます野暮ったい。がっかりしてこの夜剃りました

結局全員がチェックインできたのは午後。なにせチェックアウトタイムが12:00になっていました。

Img_2

2011_11_22_1944

チリンさんはまた明日迎えに来てくれます。
午後はみんなで町中をぶらぶらしながらお買い物。
そして暗くなる前に夕食。

個人的にはわざわざ海外で日本食を食べなくても良いように思うのですが、美味しくはなくてもまあ無難には違いないですね。(ネパールはどうかわかりませんが、最近は本来の日本食の味を伝えるお店もあるようです。自遊人はまだ入ったことはありません)

2011_11_23_1945さて、翌23日は一泊二日のポカラ観光に出かけました。
朝食は今日もたっぷりいただきました。

ところでこのホテル、見た目は立派ですが部屋によって差があります。
25日にもう一泊したのですが、そちらの部屋の方が良かったです。(設備も違うし、あの原始生物がたくさん・・)値段違うのかなぁ~

2011_11_23_19462011_11_23_1947

2011_11_23_19482011_11_23_1950

2011_11_23_19512011_11_23_1952

ポカラまでは空路もありますが、貸切バスで行きました。ほぼ1日がかりの行程です。
町を抜けると山道になります。ちなみに自動車専用道路はここにはありませんよ。

2011_11_23_1954_22011_11_23_1959_2

アジア的な風景。水稲も作られているようです。
乾期は雨が降ることがほとんどないので、地べたでも可能なようです。
写真に撮れなかったのですが、わらぼっちがありましたよ。

2011_11_23_1958_22011_11_23_1960_2

2011_11_23_19612011_11_23_1964

2011_11_23_19702011_11_23_1971

ポカラはカトマンズの西、緯度は少し北に行く程度ですが、途中の標高は松本ぐらいとかなり低くなります(ポカラ自体も大町ぐらい)。北緯28度、暖かいのでバナナの木とかあります。数日前は木も生えてなかったのにどえりゃぁ標高差だに。

2011_11_23_19722011_11_23_1973

2011_11_23_19752011_11_23_1985

2011_11_23_1990

バスに揺られ峠や町をいくつも越えながらしばらく行った後、休憩タイム。
ツーリスト用のドライブインみたいな場所がありました。
昼食もそんな場所のひとつのようでした。

« 上空から・・・そしてカトマンズへ <カトマンズへの帰路編(終)> | トップページ | カトマンズからポカラ観光へ(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

悠友山の会」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

今日からは オマケの観光旅行ですね
長い事山の中での生活だったので 街の様子が新鮮に感じられたのでわ〜〜

お米が作られてるようですね
乾燥の仕方が随分違いますね
日本と同じ様に段々畑が〜〜

食事が良かったみたいですね
出る物みんな完食されたようで〜〜

街の様子も日本と少し違って見えます
田んぼの作業もね


うーちゃんさん コメントありがとうございます

大きな違いは車が走っているか否かと家がロッジか否か。
山の高さも低いので日本にいる感覚でした。
日本でも下山してくるとまず人の多さに疲弊します。

アジアではお米を主食とする国は多いです。ただ、水稲は昔はあまりみかけませんでしたが、最近はよく見るようになりました。
日本のお米は味と合理化を進めないと衰退する一方です。
基本的に山の中なので、段々畑になっていましたが、綺麗に整備されているのには驚きました。
乾燥の仕方はたぶん湿気の差もあるでしょう。日本は雨が降りますからね。

自遊人は食事で困ったことはないですね。
美味しいかどうかは別にして食べられないものは今のところないです。
ただ、地元のものを食べたかったのが残念です。同じものでも土地によって味は違うはずですからね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 上空から・・・そしてカトマンズへ <カトマンズへの帰路編(終)> | トップページ | カトマンズからポカラ観光へ(後編) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31