« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 | トップページ | 林城<信濃守護・小笠原氏の居城> »

雪山へ<西穂・2012/2/19>

本宅記事から続き

45_2
やまたみ倶楽部の2月度山行は西穂山荘・丸山登山
実はやまたみ登山学校からやまたみ倶楽部を通して過去2回計画したのですが、悪天候に阻まれ中止や行き先が変更となり、今回3回目にしてようやく達成できました。

8664

8666_2

長野県の菅平で29.2℃を記録した19日朝の日の出。八ヶ岳が朝焼けに浮かびます。
Photo下の写真、左側は霞沢岳、右奥は乗鞍岳。

岐阜県側、長野県との県境に位置する西穂山荘。
ふだん見慣れている風景と山の位置関係が違って見えます。
←左に地図つけました

テント見えますねぇ~。この中に研修で同期の知人もいます。聞くまでもないことですが寒かったそうです。小屋の中は寝汗かくほど暖か。もっともそれだけ払ってますがね~~mm

86478654_2

前日(18日)は時折雪が降り視界も悪かったのですが、明け方にはすっきりと晴れわたりました。手持ちはこれが限界
今回は星の先生がいないのでオリオン座しかわからず@@

8681

19日、下山前に丸山まで往復。高度を上げる毎に隣の噴煙あげる焼岳から乗鞍岳がその姿をはっきりと見せてくれます。写真左下が上高地になります。

P8673P8679P8685

今回はガイドふたり(あっ!おいらもガイドだから3人か)を入れて14名。
8690_2ちなみに自遊人はガイドですが、この会ではメンバーの一員です。
写真でも撮ろうと思いましたら、カメラが動かなくなり役立たず。事前にわかっていながら、いつも詰めが甘い自遊人です。

西穂の頂上が見えてますが、今日は丸山まで。
よくいろんな人から「物足りないんじゃ?」と言われます。でも、遊びにはいろんなスタイルがあります。だから同じ山だっていろんなスタイルで何度も登れるのですね。今回はやまたみ倶楽部のメンバーと一緒に歩くのが目的。まあ、ついでに使うかどうかわからない道具や本やらわざわざ荷物券(往復\600)買ってまで持っていきましたけど・・・(単独行じゃ、へばったら★の可能性大なので、こういう機会に鍛える)

8692
8692n写真じゃ風の冷たさはわからないですね。
とにかく寒いですので、いつカメラが凍るかわからないので露出もクソもないです。北岳の隣に見える富士山。大きく撮したかったなぁ~

8676

左のピークが笠ヶ岳。去年は安房峠TNが無料じゃなくなったんで行けなかった~
そこは岐阜県、信州登山案内人の資格じゃ、ガイドできないしなぁ~。

以下、携帯のカメラで
40

41

42

一番上は飛弾側、麓は新穂高温泉。下2枚は信州側、上高地が見えます。

44

51

ブログに載せるくらいなら十分なレベル。

最後に小屋の様子から
86448632_2

86338655

冬の登山。唯一食事だけは自炊の方が豪勢だったりします。理由は生ものが運べるから。しかもお湯さえあれば水はいくらでも作れます。(ガスは要りますけど)
でも、この小屋の食事はなかなかのものですね。

« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 | トップページ | 林城<信濃守護・小笠原氏の居城> »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

悠友山の会」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん
何と美しい朝日でしょう、輝いていますねぇ。
そして素晴らしい雪山の景色、神秘的です~
神々しいなぁ~
山々が幾重にも見えて綺麗すぎますね。
ご飯もいいなぁ~食べたい~

ムームーさん 早速のコメントありがとうございます

日の出は五分五分の期待でしたが、予想以上の朝日、そして青空に恵まれました。
雪山の景色は本当に神々しいですね。でも本当は冬ぐらい山を休ませてあげたいと思うのですよ。冬眠しているものもたくさんいるからです。

真冬の山で自然を楽しみながらこんなご馳走が食べられるのは贅沢ですね。

こんばんは!
きょうはこちらへお邪魔させていただきます◎

思わず手を合わせてしまいそうになるくらいの
日の出ですね〜
う〜ん、下界では味わえない雰囲気ですね〜

おはようございます☆

山人だけが入れるエリアからの風景はロープウェー展望台折り返しのサイモンには見たり撮影したりする事が出来ません
こちらで楽しませて頂きありがとうございます♪

西穂山荘までならハードルが下がって山岳リゾート化していくのではないのかと思いますが展望台からの西穂山荘の景色をみて怖じ気付きました(爆)

本場ヨーロッパにあるような設備が出てきてもおかしく有りません

shioringさん 訪問&足跡ありがとうございました

西穂山荘・丸山までは冬山初心者コースと言えるでしょう。
夏山を経験している女性も大概一度は目指します。

山の経験がない人はロープウェイ山頂まわりでも天気が良ければ十分満喫できます。この日も多くの観光客が訪れていました。
麓には良い温泉がありますし、是非一度訪れてみられては如何でしょう。
但し、山岳道路となりますし四駆がお薦め、自信がなければ松本から平湯経由のバスが楽ですよ。
朴葉味噌と財布に余裕があれば飛弾牛が

サイモンさん こちらへも足跡ありがとうございます

天候と雪質に恵まれれば、独標手前までは初心者でも行けます。
但し天気の急変は冬山では致命傷にもなりますし、西穂山荘から上は樹林帯もないので吹雪いて視界が悪くなれば行動不能となることもあります。
ロープウェイ山頂~西穂山荘間は雪崩と道迷いが心配です。トレースがしっかりしていれば良いですが、やたらとしらびそ林に踏みいれば発見は雪解けとなるかも知れません。

バックカントリーブームの中、都会からの遠さがハードルとなっていますが、北アルプスの懐に少しでも近づきたいと思う人は今後増えることでしょう。現に食料不足の不安からヘリの救助を求めたグループも出ました。

個人的にはこのロープウェイ山頂駅をユングフラウヨッホのように整備しても良いように思っています。
信州側のアクセスの悪さが課題ですが、中部縦貫道の整備が上述のように安易な人の増加を助長してはなりません。
観光と環境の両立は難しいですね。

自遊人さん、おはようございます^^
かなり寒かったと思いますが、その分、空気が澄んで、
山がきれいに見えますね^^
携帯の写真もブログなら十分ですね^^;
日の出の写真が、とても綺麗ですね。
冬山は、行ったことがないので、憧れです^^

うーちゃん おはよう〜〜

3度目の正直だったんですね
いいお天気に恵まれて〜〜〜
安心して写真見ていられます

素晴らしい日の出が 気持ちをハイにしてくれますね
この時期にテントが見られますね
風が無いと静かでテントでもぐっすり眠れるのかな??

たくさんの方々が登山されたんですね
うーちゃんも◯十年若かったら行けたかもね(笑)
綺麗な写真たくさん見せていただけで 登山した気分です ありがとう!!
 


自遊人さん こんばんわ〜〜

宛名が"うーちゃん"に・・・
ごめんなさいね うっかり気づかず送信してしまいました
コメントの返事が読みたくて来て気が付きました
これは何かの始まりかもね・・・
気をつけなくては
昨日もHBでお昼用のパンを焼いて〜〜
焼き上がりのピッピで蓋を開けたら 何とびっくり少しも膨らんでいません
オロオロ やっとで気が付きました イースト入れるの忘れてスイッチONしてました・・・
こんな事の繰り返しの間隔が短くなるとヤバいです(笑)

azumino-macroさん こんばんは

とても寒かったですが、晴れていて気分がよいと寒さを感じません。
風が弱かったのは幸いでした。そして放射冷却が効いた朝で遠くの山までよく見えたのは本当にラッキーでした。

ここは冬山入門にはお薦めですよ。カメラの防寒対策がmustですが・・・

うーちゃんさん こんばんわ
名前コピペしなくてお返事書けて
膨らんでいないパンは結局どうなったのでしょう?

よいお天気が続いています。天気がよいとじっとしていられないです。
今日もお出かけ夜は会議でした。

冬のテントは若いうちでないとできません。
自遊人はシモが近いので寒いと困ります。確かに風がなければ静かですが、寒さは厳しいです。
小さなテントに詰めて寝れば寝汗かくほどですが、異性の友達ではちょっとまずいかも・・・

うーちゃんさんもまだギリギリセーフだと思いますよ。
でも、装備忘れてくるのが心配です

自遊人さんこんばんは~♪

今回はお天気に恵まれ最高の登山になりましたね。
どの写真もすばらしい景色です。
おりひめが上高地から見上げた穂高の頂上からの景色なんですね。
夜明け前の画像も、おりひめも手を合わせて拝みたくなります。
となりの夜空、大きな画像でオリオン座もよく見えます。
こういうのを見せていただくと別世界のように感じます。
画像もきれいですね。

最後の写真見てるとお腹が空いてきました。

おりひめさん コメントありがとうございます

天気は五分五分の予想でした。でも、もしグループ山行が中止になっても個人的に行くつもりでいました。天気がしばらく安定する予想でしたからね。

> おりひめが上高地から見上げた
河童橋から見ると一番左端のほうです。真ん中に堂々とした姿を見せる所までは容易に近づけませんよ。

夜明けはどこで見ても同じ夜明けなのですが、それぞれ趣が違いますのでいつ見ても飽きないですね。
そして冬は星空観察も楽しみのひとつ。今年は少し星も覚えようかなぁと思っています。

> 最後の写真見てるとお腹が空いてきました
冬の楽しみに実は食事もあったりします。
今回はグループで小屋飯でしたが、生ものを持って行けるし重い水が少なくて済む分、アルコールも運べますので自炊が楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 | トップページ | 林城<信濃守護・小笠原氏の居城> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31