« 冬の入笠山山頂からの眺め | トップページ | 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 »

冬の美ヶ原(2012・2・3)-前編

♪ 本宅からの続き ♪

8525

8539

今回は北アルプスの眺望より、現在使用しているカメラの28-200mm望遠ズームでどこまで手持ちで接写できるかが目的でした。
それと氷点下10℃以下という環境下で「カメラの内部温度が上昇・・・云々」なるエラーメッセージがでてシャッターが切れない現象。動作保証範囲を下回っているので故障ではないが、対策が必要なのでその確認も兼ねていました。
結果を持ってメーカーと相談も必要のようです。

さて、今回は三城から百曲を往復するコースにしました。
三城からはピリカ山荘先まで行くと駐車スペースもあって多少距離も短くなるのですが、王ヶ頭から直に下りると最後に結局登り返さねばならないので、いつものいこいの広場前に路駐。ここの駐車場も雪かいて欲しいな~

83858390

8392広小場から先は新雪楽しみ放題。
上の方はトレースがわずかに見える程度です。

台上へ最後の登り。いつもの急登のほう。直登で早いですが、足場は鉄平石の岩場です。雪がフカフカなので歩きやすいです。
でも帰りみたら誰もここ登ってきませんでした。スノーシューだと足場が不安定です。
今回はつぼ足+アイゼンしか持っていかなかったのですが、予想以上に雪があったのでスノーシュー持っていけば結構遊べたのでちょっと残念。

8398

写真だと傾斜がよくわかりませんね。
雪の下が複雑な岩場なのでスノーシューで飛んで下りるわけにいかないですが、知っていると楽しめる斜面です。

8406
     「天上を突き抜けたような」
白い雪原と青空。急坂を登り切ってひらけるこの風景が歩いて登る美ヶ原の魅力。
冬でも王ヶ頭ホテルに宿泊すれば麓からバスで送迎してくれますが、この開放感は歩いて登った者しか味わえません。

8411
   ♪雪の~砂漠を~♪って歌詞ちゃいますがな
いくつもの風紋が織りなす美。踏み跡をつけるのが悪い気もしますが、一番最初に来たものの特権として遠くみえる美しの塔を目指します

8414

雪上の楼閣ではありませんよ。王ヶ頭頂上に建つ王ヶ頭ホテルと電波塔群です。
まっすぐ歩いて行けそうですが、結構山あり谷あり。
ここは吹きっさらしで激寒(というよりもう痛い感じ)です。ただ、今回は思ったほど風は強くありませんでした。

8416

ちょっと月面みたい牧場の柵が邪魔だな

8417

来年は1月中旬にやまたみ倶楽部で計画しているわけですが、3年前にRちゃんと来た1月は雪はこんなにありませんでした。(過去記事はこちら)

8426

アモーレの鐘は冬期休業中ですのでこちらを鳴らしてました。

遠く北アルプスが意外と見えてます。でもいつまで見えているかわからないので、先を急ぐことにしました。<後編へ続く>

« 冬の入笠山山頂からの眺め | トップページ | 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 »

自然」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

八ヶ岳中信高原エリア」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

わぁ~見渡す限りの雪景色、犬でなくても
転がりたいですわぁ。
雪紋が綺麗~
学生の頃、白馬にスキーで行ったとき、初めての
銀世界で感激しました、こんなに美しい世界が
あるなんてって思いましたよ。
豪雪地帯では大変ですが。

ムームーさん コメントありがとうございます

ひとりで来るとどうしても嬉しくて跳ね回ってしまいます。おかげで膝が痛くなってしまいました。以前、立山で雪原を歩き回っていたら、カメラマンに嫌な顔をされました。自分も写真を撮るので気持ちはわかります。

日常生活の上では大変なだけであまり利益はないですね。
それどころか放っておくと家が潰れたりするので厄介ものです。

スキー場も降らなくても降りすぎてもお客が来なくて困ります。
降りすぎると住む上でも困ります。
その割には滑る人口が減って儲からない。
せっかく天がくれたものですから、うまく利用したいものです。

自遊人さん こんばんわ〜〜

この日のコメントは飛ばなくて(上のは上手く飛んだんですが・・)
コピペしていたんです 
それを忘れて書いたのにどうしたんかと・・
今日やっとデスクトップを整理して見つけましたので送ります

自遊人さん こんばんわ~~

何といいお天気~~ルンルンでしたね

雪降りで視界が悪いのとでは差がありすぎですね
でもこんないい日は少ないのですよね~~
綺麗な雪の上を足跡残して~~(人間の足跡 動物の足跡はシュプールって言うのかなぁ??
スキーの跡だけをシュプールって言うの??
変な事が気になってきました

こんなに晴れていたら道に迷う事もなく歩けますね
いいなぁ自遊人さんは お天気が良いといつでも出掛けられて~~
羨ましいわぁ~~

うーちゃんさん こんばんは
> この日のコメントは飛ばなくて
おやおや?たまにあるようですね。

山歩きではよい天気も悪い天気もあり、それはそれで仕方ないのですが、少なくとも写真を撮る時はよい天気に恵まれたいです。
この美ヶ原高原は北アルプスに比較するとずっと積雪量は少なくなります。晴天率も高いのですよ。

シュプール・・・そうそうネット辞書にも書いてありますが、言葉の響きからしてもドイツ語、日本ではスキーで滑った跡を言いますね。今思ったのですが、スノボもシュプールって言うのかなぁ~?

ここ美ヶ原は鹿がたくさんいます。冬場は見通しがよいのでよく見つけます。群れでピョンピョン跳ねています。大きいので怖いです。「鹿キック」とかされたら★になるかも
この鹿道が無数についていて、うっかりすると違う道に進んでしまいそうです。通った後は笹が丸坊主になってます。

こんばんは☆

雪の結晶、お見事♪
成長している姿を捉えるのは難しいです
先日、マイナス16℃の新穂高で仕留め損ない非常に悔しい思いをしています
デジカメのAFやシャッターが凍結で過負荷になって動作不全になるようで、完全防水型のコンデジでも接写が出来ません

サイモンさん コメントありがとうございました

昔、ミョウバンの結晶成長という理科の課題があって、保温箱の中で大きく育てたことがあります。でも冷やす方は難しいですね。冷凍庫でも氷点下10℃以下の世界を作るのは難しい。
自然は素晴らしいですね。

デジ一・EOS60DはコンデジP100より寒さに弱いようです。
貼るホッカイロもこの温度では効果なし。
デジカメの防寒服を作らねばなりません。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬の入笠山山頂からの眺め | トップページ | 冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編 »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31