« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-前編 | トップページ | 雪山へ<西穂・2012/2/19> »

冬の美ヶ原(2012・2・3)-後編

8437

8446冬の美ヶ原高原、王ヶ頭の頂に立つ王ヶ頭ホテル
ビーナスラインが通行止めになる積雪期にも営業しており、カメラマンを中心とした観光客が多く訪れます。
ただ、お値段もさすがにお高くて自遊人のような貧乏人は泊まれません。
その気になればテントも有りですが、だだっ広い場所で張ったら飛ばされちゃいます。雪洞を掘るほど積雪はありません。
でも、晴天率の高さから星空観察は魅力的です。(但し激寒

8447_2

舞い上がる雪煙。風があたる場所ではとにかく寒いです。耳や鼻がもげそう。防風対策はMUSTです。

8442

期待してなかった北アルプスが見えるので王ヶ鼻まで足をのばすことにしました。

8458

ふたつの足跡が一緒に森へと向かっています。どんな出会いがあったのでしょう?

8465

8471松本平を一望できるビューポイント、王ヶ鼻。
自遊人もサポーターとして参加している松本地域景観協議会の眺望ポイントとして推薦した場所もここです。

時間が経つにつれて雲が増えてきて、見えていた槍ヶ岳も雪雲に覆われてしまいました。

ところで、ここは岩場になっています。吹き溜まりを踏み抜くと崖下に転落する恐れもありますから、あまり端には行かないように気をつけてください。

8484

八ヶ岳と南アルプス、間に富士山も見えています。
こちらは時間と共によく見えるようになりました。

85108483

なだらかな台上の地形。山と呼ぶのが適当なのかわかりませんが、美ヶ原は百名山のひとつに数えられています。

8502

8501東信、菅平、浅間山は見えていますが、志賀高原方面はまだ雪雲に覆われています。
ちなみに冬の浅間山も風が強くて激寒デス

8505

赤矢印の所に王ヶ頭ホテルの送迎バスが見えます。

8494

雪煙で霞むアンテナは曲がって見えませんか?

平日にも関わらず、スノーシューで登ってくる人と2組会いました。
ゴム長のおじさんには驚きました。膝上までの雪に悪戦苦闘していました。
どこぞの小屋の人かなぁ~

« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-前編 | トップページ | 雪山へ<西穂・2012/2/19> »

自然」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

八ヶ岳中信高原エリア」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんばんわ〜〜

キャタピラの跡が〜〜
これで雪を圧縮するんですね
今スキー場では大活躍していますね

遠くまで綺麗に見えていいですね
こんな日に行けたら最高〜〜

ここで充分楽しませて頂きました ありがとう!!

うーちゃんさん おはようございます

スキー場ではこの後グルーミングする道具がついていますね。
(キャタピラの跡のままではガタガタです)

北アルプスは雲に覆われる日が多いですが、八ヶ岳や東信、上州の山々は見える日も多いと思います。
美ヶ原自体は晴れが多いですし、霧氷を見るには霧から晴れる日が狙い目。でもとにかく寒いです。

こんばんは☆
真冬にここへは入れれば、冬のアルプスや周辺の山々の絶景が見れて感動ものなのですね。

冬山写真、素晴らしいです♪
・・・・しかし、周辺の様子を見れば冬山そのもので、完全装備で臨まないと身の危険が(爆)

ホテル設備、よくぞオープンしていると思いますがその分安全にコストを掛けてお客を呼んでいるのでしょう。

サイモンさん おはようございます

北アルプスの良さは並行するように東山の里山があることだと思います。
冬でも同じ目線でアルプスを見られることが人を引きつけます。
しかも厳冬期でも送迎付のホテルがあります。カメラマンの人にはたまらないようで、寒いのにカメラ持ってウロウロしています。
もちろん冬山装備が必須ですが、身の危険という意味では雪崩もないし、強いて言えば崖っぷちに近づきすぎて踏み抜く転落、滑って骨折ですかね。岩が平(鉄平石)なので積雪が少なくても積もるのです。

地形的に見れば糸魚川-静岡構造線、フォッサマグナの上から見下ろしているわけですが、世界的にも珍しいこの大地に立つと地球の神秘を感じます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬の美ヶ原(2012・2・3)-前編 | トップページ | 雪山へ<西穂・2012/2/19> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31