« 鹿島槍ヶ岳を眺めに黒沢尾根へ | トップページ | 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> »

冬の奥上高地・徳沢<2012.3.09-10>

90451ヶ月に一度の満月の夜。月明かりに浮かぶ前穂の東壁を楽しみに、毎年恒例山行として計画している「冬の徳沢を訪れる旅」
3/11がやまたみ倶楽部の山行なので、友達と調整して3/9~10で行ってきました。ここ2年ばかり中止になっていたので久しぶりです。
天気はあいにくで期待した風景は見られず残念でしたが、埼玉の山仲間と久しぶりに楽しむことができました。

写真は明神池。
静寂の時間に“神降地”を感じます。

9049

墨絵の世界に迷い込んでしまったかのような風景。
春に向けて少しづつ色を取り戻していく自然の力に偉大さを感じます。

9040n

私たちは時として牙をむく自然の中で生かされているのだと、改めて感謝と畏敬の念を深めた一年でした。(写真は穂高神社・奥宮)

9014

夏は多くの観光客や登山者で賑わう奥上高地・徳沢園もまだ冬の眠りについています。
やがて雪は融け足元には小さな白い花が咲き乱れ、山は緑を取り戻していきます。
空気だけでなく心も浄化してくれる自然を私たちはもっと大切にしなくてはいけないのだと改めて感じます。

9024

水は凍てつき雪に覆われた梓川
河原に立つ太い木から生きるパワーをもらった気がしました。

9009冬の上高地に初めて訪れてからもう10年は経つでしょう。
ひとりの小屋番とわんちゃんが預かる徳沢冬期小屋。
自炊ですが、暖かい部屋と布団を用意してくれています。

途中の小屋は開いていません。冬は釜トンネル入口から自分の足でひたすら歩くしかありません。
夏はのんびり風景を楽しむ登山道や車道にも多くの雪崩の跡が残っています。そんな危険な場所であることを知ってか知らずか訪れる人が年々増えています。徳沢からの帰りは土曜日ということもあって、大小多くのグループと出会いました。

90069007

天気が悪いのでやることと言えば「飲む」「食う」くらい。
夕食は鍋、朝は写真はないですがタケノコと鯖のみそ汁。
ニジマスの円揚げも用意して、信州らしい料理でおもてなし。

90539057

行く時は雪が少なくて少しがっかりだったのですが、一晩で河原の石も隠れるほど積もりました。左は明神橋、右は河童橋。
小屋で一緒になったツアーガイドさんの話では1月頃が一番良かったそうです。

90599061

バスやタクシーが行き交う上高地線も雪にすっぽり覆われています。

来年は青空に映える穂高連峰を期待したいものです。

« 鹿島槍ヶ岳を眺めに黒沢尾根へ | トップページ | 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中部山岳エリア」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん
雪景色は神秘的ですねぇ~
生きるパワーを貰うってわかりますわ。
牙を向くとなすすべもありませんが、こうして
見せて貰うと綺麗なぁ~
行きたいなぁ~
食べたいなぁ~って思いますよ。

自遊人さん こんばんわ〜〜

静かな景色〜〜
夏の風景からは想像も出来ないわぁ〜〜

このモノクロの世界が少しずつ雪が融け木々が息を吹き返すのですね

ひたすら歩いて歩いて『徳沢冬期小屋』へ辿り着かれたんですね
冬期小屋があるって嬉しいことですね
夏の避難小屋も嬉しいですね

自遊人さんこんばんは~♪

雪景色、色の無い世界ですが引き込まれそうな魅力を感じますね。
2枚目の写真、水面が凍ってスリガラスのようになってるのもいいですね。

>静寂の時間に“神降地”を感じます。
   さすが!です。

同じ場所でも春夏秋冬、それぞれ違った魅力に出会えますね。
おりひめは日本に生まれて幸せです。

ムームーさん コメントありがとうございます

雪景色は見ている分には良いですが暮らしには辛いですね。
地滑りのニュースなど聞いていますと、山際に住んでいると怖いなぁと思うことはあります。自然相手は良いことも大変なこともいろいろありますが、受け入れるしかない部分もあります。

> 食べたいなぁ~

うーちゃんさん コメントありがとうございます

夏も人の出てくる前は比較的静かですよ
でも冬の静けさはこれとは違いますね。野鳥の数も違いますし、虫の音も聞こえませんしね。

まだまだ寒いのですが、木々の芽は少しづつふくらんできています。
この雪が融けると一気に高山植物が花開きますが、今年はニホンジカの侵入による食害が心配です。

冬期の避難小屋はありますが、ここは人がいるので安心。しかも布団つきなので寝袋持っていかなんでいいです。

おりひめさん コメントありがとうございます

冬は余計な人工物や色がないことで自然そのものの姿を見ているようで好きです。冬の美しさに魅せられて安曇野に越してくることを決める人もいるようですが、写真を撮るものにとって冬の美しさは神秘的です。

>>静寂の時間に“神降地”を感じます。
> さすが!
受け売りなんですよ。上高地の名の由来にもなっているようです。
穂高神社は穂高にありますが、奥穂高岳の山頂とここ明神池にもあります。

春夏秋冬が美しい日本ですが、最近は急に暑くなったり寒くなったりで四季が狂ってきました。

自遊人さん、こんばんは^^
素晴らしい写真を、ありがとうございます!
「空気だけでなく心も浄化してくれる自然」
本当にそうですね!全く同感です!
釜トンネルから徳沢まで一日で歩くとなると、
かなりの距離ですよね・・・^^;
私の足では、冬の上高地へはとても歩いていけそうもないので、
本当に貴重な写真です。
この風景、じっくりと堪能させて頂きますね!^^;

azumino-macroさん コメントありがとうございました

歩くのは大変に思うかも知れませんが、標高差は少ないですし“歩荷”がいればさほど困難ではないと思いますよ。
河童橋までなら実に多くの方が訪れています。
ただ、クロカンなど雰囲気を楽しむならもっと別な場所で良い気がしています。

この記事へのコメントは終了しました。

« 鹿島槍ヶ岳を眺めに黒沢尾根へ | トップページ | 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31