« 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> | トップページ | 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) »

山梨百名山・三ツ峠山へ

本宅からの続き

Mapまず最初に三ツ峠山の位置。
左地図中心近くの赤丸、わかりますか?

安曇野から約150K。松本~一宮御坂を高速利用し約2時間。
往復のアクセス時間と歩いている時間がほとんど変わらないので、遠いといえば遠いですかね。

9169三ツ峠山。開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の総称のようですが、実際には一番標高の高い開運山以外は頂上の場所もはっきりしません。
特に御巣鷹山は電波塔があるだけでどこが頂上だかわかりません。
そう、三つ峠と聞くと、昔エアチェックするためアンテナとチューナーに凝っていた自遊人には電波塔の山のイメージが強いです。
それだけ送受信に適した場所ともいえるわけで、標高のわりには展望に恵まれていると言えるでしょう。

9157

コメントの必要がないほど富士山が大きく美しい

9161

9144

そして南アルプス。信州ですと中央アルプスからながめることになりますが、こちらからの眺めもまた格別です。

9167

甲府盆地と中央に八ヶ岳、視線を右(東)方向に移していくと奥秩父・関東山地が見えます。唯一東側の眺望が電波塔群と樹林帯に阻まれてあまりありません。
それでも木々の葉が落ちたこの時期ならではの風景も楽しめます。

9172

八ヶ岳も行きに見た時は雪雲に覆われていましたが、時間と共に雲は少なくなり、帰りはすっきりとした姿を見せていました。

9140

クライミングを志す人にとっては三つ峠は有名な岩場の一つでもあります。
この日もふたりほど見かけました。ここの岩はしっかりしているのでいいそうです。

9128_29129

9142今回はリーダーではなかったのですが、思ったよりツルツルでした。氷の川の登山となりました。
三つ峠登山口からの道、一般車は途中の駐車場までしか入れませんが、上に小屋があって小屋の車が上り下りします。チェーン2重巻きでも滑るよなぁ。
簡易アイゼンも6本爪がいいですね。自遊人は本当に簡易しか持ってませんのでくたびれました。(いいやつは爪が減るから使いません)

« 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> | トップページ | 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) »

山歩き一般」カテゴリの記事

甲州の山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
三ツ峠、よく昔のFM雑誌でチュナーの性能テストに登場する局でした♪

SO☆YだTR☆Oだと言ってた時代はどこへやら、いまだにメディアとして健在なのが不思議な位です
北陸でいた頃、8素子の八木アンテナ立てて名古屋のFM局を雑音混じりで聞いたのが昨日の事の様です
離れた年に地元局誕生したのには参りました
いまや多局化は当たり前ですが(^^ゞ

サイモンさん 早速のコメントありがとうございます
よくご存じの方がいて嬉しいです。

スプリアス性能の優れたチューナーで競い合っていた時代はすっかり過去の話。都会ではインターネットで聞く時代です。
当時、家を建てた時にはアンテナ線もノイズに強いタイプを用いたりしました。
より良い音で録音するのに苦労していた時代。今は良すぎて録音も制限される時代です。

こういうところに電波塔があるのですね。
景観を損ねるけれど仕方がないのね。
見晴らしがいい~
ここから下界を眺めたらいいでしょうね。
雪を頂いた崇高な山々を見ると
心が現れそう~

ムームーさん 景観・環境と実用性はいつも共存で悩む問題です。

携帯電話がつながらないと不平を言った人が、アンテナが立つと見苦しいと言います。
以前、「安曇野を走る高圧線は見苦しいなぁ~山の中に持っていこう」という話を小学生にしたところ「山の中ならいいの?」と言われて答えに詰まったことがあります。
よく考えるとあたりまえのことですが、実用的にはないと困る送電線を如何に困らず環境にやさしい設計が出来るかは、本来大人が考えねばいけない問題です。もちろん費用や諸々課題はあると思いますが、なんでも安易に考えすぎなのかも知れません。

山の観光化が盛んに言われていますが、「登れた」「景色が素晴らしい」だけで終わらず「この素晴らしさを後世に伝えよう」という気持ちがなければ、自然はどんどん失われていきます。
人は失って初めて真剣に考えますが、自然を元に戻すのは時間がかかります。

自遊人さん おはよう〜〜

真ん中にでんと座った富士山 見応えありますね
一際高く 立派です

9144 綺麗に連なった山々がきれいですね
連なってるので何日も掛けても縦走出来るのかなぁ??
(バカなこと思ってるうーちゃんです)
せっかく名前書いてくださってるのに 登ったことない山ばかり・・・
もちろん名前も知らないわぁ・・

うーちゃんさん こんばんは

ここは富士山のすぐ近く。麓には河口湖があります。

> 連なってるので何日も掛けても縦走出来るのかなぁ??
お休みと体力があればテント背負ってずっと歩けますよ。でも何日かかるかなぁ~。何回かに分けて縦走する人は結構います。

南アルプスは山が深いので入るだけで時間がかかります。
でもそれだけの魅力はありますよ。

こんにちは&またやってきました☆

三ッ峠からの富士山もさることながら南アルプスの稜線、素晴らしいですね。
サイモンの上空写真のストックでこんな写真が存在しているのですが、山の関係がさっぱり掴めず困っていました。
これを拝見して山の同定が出来ます♪
ありがとうございました。

それにしても白根北岳は地味な山だと云うのが判ります。
地元選出の代議士さんが当時の防衛庁長官の時に「カードを切って」自衛艦名に登用したのも解る様な気がします・・・・良い意味で(爆)

サイモンさん 再度のコメントありがとうございました

山としてはなんの変哲もない三ッ峠ですが、連休の間の平日なのに次から次に登山者がやってきました。我々は一番乗りだったのですが、帰る頃は駐車場は溢れんばかりの車で埋まっていました。
くだんの雉も餌には困りません。

南アルプスは松本方向からだと入り組んでわかりにくい、唯一中央アルプスからが良いのですが、日の出を撮らなければ撮影条件は夕方にならないと逆光となります。でも午後は雲に覆われることが多い、というわけで東に位置する山は好都合です。

> 白根北岳は地味な山だ
「白根三山」言い換えると「知らねぇ散々」
まわりに3000M級が多すぎます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入笠山へ<やまたみ倶楽部定例山行・2012/3/11> | トップページ | 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31