« 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) | トップページ | 燕岳2012.4.27~28(前編) »

独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(後編)

95609564

「里山」というと穏やかな響きですが、北アルプスのように山小屋や地元の案内人が整備している所と違い、地域の人の生活の一部として整備されている所がほとんど。
昭文社のガイドブックもカバーしていない場所もあり、地図読みや地形の特徴をよくつかんで歩く必要があります。地形が変化し、国土地理院の登山道とコースが変わっている場所もあります。

955795589562

9566数々の奇岩。
フォッサマグナに位置するこのあたりの低山は激しい地殻変動とその後の風化により不思議な風景が広がります。

沢山湖コースは山頂に近い側は最初岩のやせ尾根もありますが、このような岩を回るようにルートがつけられています。

9567この写真を見れば左に標識がありますが、比較的広い杉林の尾根はうっかりしていますとまっすぐ進んでしまいます。

スギの木などにペインティングの目印もありますが、見えにくい所もかなりあります。
初めて訪れる人はよく注意して、もし不安になったら確実な場所まで戻ってから確認をしましょう。(多くはピンクテープの目印があります)

9513今回のコースタイムは登り1:40弱、下り2:00弱(いずれも各登山口から)と個人的にはかなりスローペースでした。

ここは「頂上まであと○分」の標識がよく整備されており、目安としてもかなり役に立ちます(但し沢山湖コースは少ない)。

頂上からは立木もあって360°の展望とはいかないですが、枝葉の少ないこの時期は木々の隙間から北アルプスも見えます。

9529

9531南の方に目をやりますと蓼科山が見えます。

ここからだとちょうど八ヶ岳は陰に隠れてしまうのですね。

9532写真ですと右手の方、西に目を移すと、車山や霧ヶ峰そして美ヶ原が見えます。

ちょっと鬱陶しいアンテナ群ですが、地図を見なくても同定ができるある意味いい目印です。

前日の冷たい雨、2000Mの峰は雪だったのでしょう。
ゴールデンウィークまであと2週間ちょっと。高い山はまだ冬です。

9518

東信の山らしく、東から北の方の展望は素晴らしい。
雲海に隠れ塩田平の町は見えませんが、浅間山の堂々とした姿にうっとり。
刻々と姿を変える雲の海を眺めながらお茶タイム。早くから登ったので誰も来ていません。

95469548

北アルプス側はちょうど松が邪魔で、さらに春霞。
前衛の常念山系とうまく分離できないので正直言って自信がないです。
ちょうど西に北アルプス南部が位置するはずなんですが・・・

9543爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳はわかりました。
でも写真じゃよくわからないなぁ~

どうしても北アルプスが見たいのだけど、春は駄目だな。
夏は木々が生い茂るから冬来なくてはなりませんが、去年だかも滑落事故が起きてます。

9505

北信、西頸城山群のほうはよく見えて写真もよく撮れるのですが、山がわからない。
行く回数も少ないからなぁ。今年は少しこちらも攻めたいと思います。

9525

さて、次はどこに行きましょう?
開通した立山も行きたいし、でも会議も行事も多いしそうこうしているうちに26日の燕山荘のオープンを迎えます。今年は初日に登ろうかな?泊まりは天気と気分次第。

« 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) | トップページ | 燕岳2012.4.27~28(前編) »

東信の山」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

里山」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんばんわ〜〜

独鈷山(とっこさん) 変わった名前の山ですね
山ガールの方々の名前のようですね(笑)

春霞が邪魔してますね・・・
月末はもうGW〜〜
お天気が気になりますね
皆様をお連れするのかしら??

自遊人さんこんばんは~♪

独鈷山の山道はよそ見していると滑り落ちたり、
木にぶつかったりしそうですね。
素人さんだと、気をつけないと危ないですね。

9505の雲海は吸い込まれそうになりますね。
雲海といっしょにできませんが、今朝の鳴門は霧が濃くて
近くの家も見えませんでした。
日中はでした。

これから自遊人さんあちこちの山に登られて忙しくなりますね。

追記です。

書き忘れたので続いて書きますね。
左サイドの写真が気になり、見たかったのですが
フェイスブックというのは、残念ながら覗く事出来ないんですね。
息子もフェイスブックしてるようですが以前見たいと言ったら
「無理」と、断られました。

うーちゃん さん おはようございます

山の名前は不思議なものが結構あります。
由来を調べると面白いです。
「山ガール」。ブームに終わらず、若い人に是非、山の自然についても考えてもらえればと思っています。里山は山について学ぶよい場所ですが、風景を求めて多くは高峰へと向かってしまいます。

> 月末はもうGW〜〜
> お天気が気になりますね
GWに金とってガイドするのはもう少し先かな?北アルプスはまだ冬。
南部の積雪量は例年並みですが、北部は雪崩が多く発生しているようで、ルートファインディングが必要なようです。
後半に尾瀬に行く予定です。

おりひめさん おはようございます

里山は登山道整備は地元の人のボランティアがほとんど。
アルプスなどのように観光目的と違って「歩ける」という感じです。
それでもここは標識がたくさんあって登りやすいです。

この日は予想通り見事な雲海でした。
海峡の霧も「春の訪れ」という意味で同じですね。
今年は去年出来なかったことをいろいろやりたいと思っています。

フェイスブック、入らないと見られないです。
息子さんに断られましたか。わかる気がします。
開示の方法によって、交友関係を含めたその人の行動が全てわかることがあります。
「友達」になるとさらに多くの情報が見られることになります。
「保留」にすることは可能ですが、会社や家族ではなかなかそういうわけにもいきませんね。
もともと個人情報を開示して仲間と情報交換するツールであることから、日本では不向きとされてきた理由もよくわかります。
会社ではフェイスブックで仕事中に遊んでいないか監視のために使っている所もあるそうです。息子さんもふだんの行動を監視されているようで嫌なんでしょうね。

自遊人さんこんばんは~♪

フェイスブックの事、教えていただいてよかったです。
息子の素っ気ない態度も当然ですね。
おりひめが息子の立場でも、絶対にイヤだと思います。
ありがとうございました。


おりひめさん 上場の話題で急速に加入者を増やしたフェイスブックですが、日本人は海外に比べて個人の利益を優先しますまで、日本では頭打ちになると思います。
シェアハウスも増えてきましたが、一線は引きますし、そもそも個人の土地・家に対するステータスが高いです。海外は立派でも借家が多いです。固定資産税なんて珍しいかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独鈷山(とっこさん)、春のトレッキング(前編) | トップページ | 燕岳2012.4.27~28(前編) »

安曇野の光と風

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30