« 唐松岳の休日 | トップページ | 筑北村の里山・岩殿山(1007.5m) »

雪山の魅力-唐松岳にて思う-

0332

「今日はどちらまで?」
「日帰りで行ってきたのですか。すごいですね」

0355_2

リフトの運行時間を考える(その気になれば下りは歩いても下山できるけど)と、実質行動可能時間は7時間。休憩などを入れると日帰りは結構目一杯です。

0344

雪は上と下から融けます。亀裂があったり雪が柔らかいと思わぬ時間をとってしまいます。夏道は雪のずっと下、雪庇の上は歩かないにしてもハイマツ帯では思わぬ穴が開きます。
翌日は朝から予定がありましたので、12時にどこにいるかで引き返すタイミングを計りながら歩きました。今回は計画通り山頂で12時を迎えられましたが、急な場所が少ない分下りもあまり時間を稼げないのが八方尾根。

0400

この日は安定した晴れが続きましたが、午後は結構雲の出る日が多い白馬です。

0409

さて、今年は残雪の槍穂に行く時間が取れるかな? 

« 唐松岳の休日 | トップページ | 筑北村の里山・岩殿山(1007.5m) »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

リフトで時間稼げる時は乗っておかないとね〜〜
時間に余裕があると気持ちまでゆっくり出来ていいものね〜〜

たくさんの山屋さんが写っていますね
シュプール?足跡?もありますね
まだ暫く残雪を楽しみながらの山歩きですね

単独の時はしっかり気を付けて楽しんで下さいね


うーちゃんさん コメントありがとうございます

リフトの始まりが8:30なので日の出の早いこの時期は歩いて登った方が早く上に行けます。本当は写真撮るにはそのほうが良いのだけどくたびれます。

以前はジジババだったのに若い人が多くなりました。でもみなさんなんの仕事をしているのかなぁ~。お互い様ですけど。

槍穂に行けばまだまだ残雪歩きが楽しめますが、境のあたりがズボズボぐちゃぐちゃで嫌です。一方、朝の冷えこみで凍りますので思わぬ所で転んで怖い思いをすることがあります。まだそんな年ではないのですが・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 唐松岳の休日 | トップページ | 筑北村の里山・岩殿山(1007.5m) »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31