« 実りの秋/桂小場~将棊頭山にて | トップページ | 将棊頭山/登山道のこととかいろいろ »

小さな芸術家/桂小場~将棊頭山で見かけた花

76017786

チングルマというと白い花より綿毛のような痩果(そうか)の方が記憶に残る人が多いと思います。名前の由来もこの姿を稚児車に見立ててついたそうです。

17604

アザミの仲間は250種ほどあるそうですが、左写真は一体〇〇アザミでしょう?葉っぱの切れ込みと見かけたのが1500m程度と山地なのでノハラアザミかも知れません。
一方、右写真はタカネヒゴタイという同じキク科の花です。蕾のうちは黒いし葉っぱにトゲががないです。アップで見ると面白い。たくさんあるのは雌蕊?

76547636

西駒山荘のまわりに群生していたユキノシタ科のウメバチソウ
高原から高山帯まで広い範囲で秋を彩る花のひとつです。

75857672

樹林帯の中にはイチヤクソウ、岩場にはイワツメクサがまだ頑張って咲いていました。

77567613

タカネツメクサも見つけることができました。
岩(砂)礫地に咲くこんな雰囲気のナデシコ科の花はイワツメクサ、タカネツメクサ、ミヤマミミナグサの他、クモマミミナグサ、タカネミミナグサ、ホソバツメクサなどがあり、遠目にはよく似ていますが、近くで見ると花弁や葉の形と少しづつ違います。

7684デジタルカメラになって一番「便利だなぁ」と思うのは花を撮る時。なぜなら「ベストショット」と「花の名前を調べる」写真を分けて撮れるからです。後者は後で消してしまえばよいですからね。
ただ、うっかりRAWのままで撮影しているとメモリーが無駄に消費されてしまいますね。

一眼レフとコンデジふたつを持っていけば切り替えなくて楽ですが重いです。持ってるコンデジがCOOLPIX P100なんでね、軽いバカチ○ン、水中でも使える頑丈なコンデジ(生活防水では川遊びとかではすぐ壊れちゃう)、マイクロフォーサーズ、交換レンズ・・・用途に合わせて欲しいけどそんなに買えないなぁ。

次回は最後。コースの魅力を説明しながら残りをアップしたいと思います。

« 実りの秋/桂小場~将棊頭山にて | トップページ | 将棊頭山/登山道のこととかいろいろ »

花の写真」カテゴリの記事

中央アルプスエリア」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31