« 花の名前は難しい-2<船窪~烏帽子ショートトリップ2012・9> | トップページ | 剣岳からの風景/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>① »

霞沢岳 < 2012/9/15~17 >

2391

NHKの小さな旅で紹介されたことや、登山の前進基地となる徳本峠小屋旧建物が登録有形文化財に認定されたことから人気の霞沢岳(写真真ん中)

1000040

9月の三連休、紅葉にはまだ早いのでどうかなぁと思いましたが、沢渡の駐車場は7時頃には満車になり国道も渋滞。8時集合の埼玉からの仲間も到着が遅れました。
徳本峠には到着した13時頃にはテン場は一杯、写真の場所は本来ヘリポートですがここも夕方には張る場所がなくなりました。
後刻涸沢ヒュッテの山口社長に聞いた話では涸沢はテント800人500張り、小屋400人だったそうです。

1霞沢岳の場所がわからない人のために国土地理院の地図をつけました。
徳本峠には上高地側明神と島々谷からのコースがあり、多くの登山者は上高地側から訪れます。
※蝶ヶ岳・大滝山からの縦走路もあり
今回、上高地側から登り島々谷側に抜ける計画も立てましたが、埼玉まで帰る仲間が渋滞を避けたいとのことで、上高地側往復で歩きました。

2383徳本峠から霞沢岳までの道。
水平距離で言えば明神から大正池までくらい、5km弱ですが往復7時間程度かかります。
しかもコースの大半は樹林帯なので思っているより疲労感があります。
(写真はまゆみの実)

2376計画では徳本峠2泊を考えていましたが、翌日なるべく早く帰りたいということもあって小梨平まで下りました。そのため、2日目の行動時間は10時間ほど(テント撤収含む)となりました。

山では先輩となるふたりの仲間ですが、ひとりは靴擦れができたりして苦労していました。

2394

K1ピークから見た岳沢。中央に奥穂高岳。連休中、多くの登山者で賑わったことでしょう。大きな事故のニュースもありませんでしたから何より(9/18現在)

239223932395

2392e2393e2395e

霞沢岳2645.6mのピークはK1ピークより少し南になりますので、穂高の展望としてはこちらのほうが優れています。
この日は乗鞍岳、御嶽山、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、浅間山、志賀方面と360度の展望でした。

24112419

2416K1からK2(左上写真)と越えていくと霞沢岳の頂上となります。

頂上から先に尾根が延びています(右上写真)が登山道はありません。
この先は沢渡ですから登山道があれば歩いて下山できるわけですが、残念ですが引き返すしかありません。

後刻あったシンポジウムで登山道の話がでましたが、なんと94%は管理者が不明確なんだそうです(長野県内)。
人が歩いた所に道ができる。
涸沢ヒュッテの社長の話ではありませんが、小屋の荷揚げのために自分たちが歩きやすいように整備した道が、登山者にとっても歩きやすい道となっているわけです。

今は荷揚げの大半はヘリが活躍する時代ですが、ある意味で一般登山者は登山道を利用させてもらっている、一方で小屋は整備することで人を呼ぶという構図が出来上がっています。
入山料の是非について議論が進まないのはこんな事情もあります。

2370

237723712378

雲海に浮かぶ山。南アルプスのうしろに富士山も見えましたよ。
(真ん中の写真、わかるかな?)

« 花の名前は難しい-2<船窪~烏帽子ショートトリップ2012・9> | トップページ | 剣岳からの風景/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>① »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

山の写真いつ見せてもらっても 素敵ですね
みんな大きくしてゆっくり楽しませて頂きました
稜線が綺麗に〜〜
雲海も素敵でした〜〜

山小屋と登山道の絡み始めて知りました
難しい問題ですね
入山料を出す様になれば 何所に・・(山小屋と登山道を整備される方に入るの??)
何所の山も同じ料金?? 何だか変なことが気になり出しました

うーちゃんさん 拡大して見ていただきありがとうございました

今回はリーダー登山でした。ペース配分もあるのでポイントごとでしか写真は撮れませんでした。
大きな事故はなかった連休ですが、負傷事故は多くありましたし、里山では死者も出ました。気心知れた仲間でもリーダーとなると神経使いますね。

入山料問題は過去から何度も取り上げられています。
消費税のように一律とれれば良いですが、山に登らない人もいます。
道具も山に使うとは限りません。
金を取ることによる観光客の減少、金を払うことによるマナーの低下など一筋縄ではいきません。

この記事へのコメントは終了しました。

« 花の名前は難しい-2<船窪~烏帽子ショートトリップ2012・9> | トップページ | 剣岳からの風景/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>① »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31