« 小さな芸術家/桂小場~将棊頭山で見かけた花 | トップページ | 船窪岳~烏帽子岳ショートトリップ<2012/9/5~7>プロローグ »

将棊頭山/登山道のこととかいろいろ

7771平成の大合併で奈良井とかの楢川村が塩尻市に合併したので、塩尻市が舌のように南へ延びました。
その結果、奈良井川の源流の茶臼山は塩尻市で一番高い山(2652.7m)となった(正確には市町村境)わけですが、実感としてはこの北にある権兵衛街道(R361)が伊那と木曽を結ぶ幹線であるように「塩尻」のイメージは感じられません。

地質学的に木曽山脈(中央アルプス)は中央構造線の西側で東の南アルプスとは異なり、飛騨山脈(北アルプス)と同じだそうです。

7534今回も含めて中央アルプスには伊那谷側からしか登ったことがありませんが、名古屋方面からは中央本線や国道19号線の利用で木曽谷からが便利なようです。
歴史的に見ても中山道側がメインと思うのですが、登山道としてはこの伊那側・桂小場からが木曽駒ヶ岳へのメインルートだったようです。

ちなみに手元にある2005年版昭文社の地図では福島Bコースから派生して正沢川を渡り茶臼山・行者岩経由の道は赤線となっていませんが最新版では掲載されています(国土地理院の1/25000には登山道となっています)。
7555但し、登山道にも注意書きが立っていましたが、正沢川にかかる吊り橋は作業用とのことで、一枚板に低い位置に張ってあるワイヤの欄干しかなく、板に桟がないので濡れているとおっかないそうです。(高さはそんなにないようですが)

また権兵衛峠からの写真左の馬返しまでのルートも途中までは笹が刈ってあるようですが、途中は藪こぎが必要なんだそうです。
先日出かけた時(こちら)途中の烏帽子までは刈ってあったので同じ様子かと思いましたが違いました。初めての所に出かける時は小屋の人に聞くことも大切ですね。

77997794

道端に咲くセリバシオガマ。登山道はよく整備されていました。
胸突八丁は名前の通りきついですが、それ以外は比較的歩きやすいです。
水場はブドウの泉。それより上の野田場は枯れていました。
トイレは途中大樽避難小屋に男女兼用2つ。桂小場は簡易が1つでしたから、女性は少し手前の小黒川渓谷キャンプ場で借りると良いと思います。(紙はありました。2012/8/31現在)

77807710

今回は雲が多くてすぐ隣の御嶽山もこの通り。でも晴れれば展望は素晴らしいそうで、北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、関東山地と360°の展望。立山・剱も見えるそうです。
将棊頭山の頂上経由の道(冬道)と西駒山荘に直の夏道があります。
前者の道で下山しましたが、晴れていればトレースもピンクのテープもよくわかりますがハイマツが覆い被さり露でびしょびしょになります。ホシガラスがうらやましい。

7658

岩場に咲く小さな小さな花、ヒメアカバナ

76227630

左は葉っぱから見てウサギギクでしょうか?右は花が残っていたのでモミジカラマツだとわかります。花だけ見ているとキンポウゲ科とわかりませんが、咲き終わりを見るとよくわかります。

75927620

7572上2枚は毎度さっぱりわからないセリ科の花。
左はキク科のカニコウモリってすぐわかります。

毎度わからないのでは困るのですが、見分け方の先生に聞くしかありませんね。

7698

クジャクチョウ、2500m超の高山からうちの近所までいろんな場所で見られますが、昔はわかりませんでした。
興味をもって徹底的に調べないとよく見かける花も覚えられないです。

7762連載してきた将棊頭山シリーズも今日でおしまい。

次はいつアップできるかなぁ~

« 小さな芸術家/桂小場~将棊頭山で見かけた花 | トップページ | 船窪岳~烏帽子岳ショートトリップ<2012/9/5~7>プロローグ »

花の写真」カテゴリの記事

中央アルプスエリア」カテゴリの記事

山歩き一般」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

長いことお休みしていました
今日から復活します よろしくね
溯って見て来ました
たくさんの綺麗な花がUPされていましたね
素敵な写真でした〜〜

やっぱり山に登らないと見られない花ばかりですね
これからもたくさん見せてくださいね

うーちゃんさん 溯ってご覧いただきありがとうございました

そろそろ山の花も終わりです。2500m級でも最低気温は10℃を下回るようになり、紅葉の足音が近づいています。
紅葉、そして初雪と山は下界の暑さより一足先に季節が進んでいます

<a href=https://xn--80aahinbcapbcj1a7aat3a7a8b8k.xn--p1ai/>Хирургическая клиника Москва</a>

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな芸術家/桂小場~将棊頭山で見かけた花 | トップページ | 船窪岳~烏帽子岳ショートトリップ<2012/9/5~7>プロローグ »

安曇野の光と風

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30