« 美しい自然/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>④ | トップページ | 雨飾山 <2012/9/27> »

フィナーレ/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>⑤

2647前剱をバックに富山県警AGUSTA A109K2が飛んできました。
イタリアで開発・生産された多目的ヘリコプター。
長いお鼻が特徴的。スイスの山岳救助隊でも活躍しているそうです。

お世話になりたくないですが、こうして下から見上げていると格好いいです。
気流の不安定な山岳地帯での活躍、パイロットの方も神経を使うことでしょうね。

2447

2447e_3

こちらは荷揚げのようですね。
どこのヘリかな?雄山の頂上近くと室堂の間を行ったり来たり何度も飛んでいました。

2681タンボ平にかかるロープウェイ
大観峰と黒部平の間1.7Kmを約7分で結びます。

日本最長のワンスパン方式(途中に支柱が1本もない)ロープウェイとして知られます。
「動く展望台」として観光客にも人気が高いですが、立山黒部アルペンルートの中で一番輸送効率が悪く、観光シーズンには乗車までに多く待たされることになります。

ちなみに扇沢から室堂まではいくつもの乗り物を乗り継いでいくわけですが、行きは特に接続が悪く多く待たされます。しかも始発が遅いので室堂出発は9:30が限界。
ただでさえ値段が高いのにこれでは登山客が立山側に流れてしまう(一時高速無料化が話題になりましたから)のでクレームをつけたことがありますが、多くの人がそう考えていることを少しは考えて欲しいものです。

2617もっとも立山黒部アルペンルートはそのほとんどが富山県。

長野県側の山は後立山連峰なんて呼ばれるくらいで、入口は立山側、お客が立山から入ろうが扇沢から入ろうが結局多くお金を落とすのは富山県側なので、少々不平を言っても痛くもかゆくもないでしょう。
「文句があるなら歩いてこい」ってな感じでしょうか。扇沢から針ノ木峠越え、関電トロリーバスだけ利用してタンボ平を歩いて雄山へ登る等登山道はあるわけです。
_

2450その昔、富山城主佐々成政が苦労して冬のこの地を通り、浜松まで行ったのに目的を果たせず戻ることになった恨みがあるわけではないでしょうけど、もう少し観光面で協力しても良い気がします。

さて、長らく続いたシリーズも今日でおしまい。

明日は雨飾山の様子を少しアップします。

« 美しい自然/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>④ | トップページ | 雨飾山 <2012/9/27> »

山のつぶやき」カテゴリの記事

中部山岳エリア」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

うーちゃん達が行った時も工事用の資材を積んでは下しして何度も飛んでるのを見ましたよ〜〜
事故でなかったから楽しんでみていました〜〜
うーちゃんが山に行ってた頃はボッカさんがたくさんの荷物を担いで歩いておられましたよ〜〜
荷揚げにヘリコプター何て考えられなかったわ
小屋近くにヘリポートが作られてるんですね
便利になりましたね

富山県側 長野県側 いろいろ言い分があるようですね
>入口は立山側、お客が立山から入ろうが扇沢から入ろうが結局多くお金を落とすのは富山県側・・・
何だか長野県が可哀想ですね
税金はどうなってるんかなぁ??


うーちゃんさん コメントありがとうございました

今はヘリがありますから便利ですが、大きな小屋ならいざ知らず、小さな小屋はやはり歩荷さんが重要なようですね。
ヘリポートというほど大きくはありません。目印があってそこに荷物を下ろしますが、わずか数秒で作業を終え、麓と何度も行ったり来たりします。

立山黒部アルペンルートの立山~黒部ダム間は株式会社、黒部ダム~扇沢は関西電力が管理しています。
行政がどうこうできるわけもなく、また独占企業で営業努力をしなくてもお客は来るから困らないのでしょう。

ちなみに政府方針として観光立国を目指しながら、日本は観光税というものを導入していません。
山のトイレ問題な登山道整備などに投入できれば良いのですが・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 美しい自然/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>④ | トップページ | 雨飾山 <2012/9/27> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31