« 燕岳<2012/11/21> | トップページ | 冬の美ヶ原高原 <2012・12・13> »

ある日の安曇野<2012・12・02>

4879_2

12月2日朝の常念岳。
前日は思わぬ吹雪に驚きました。朝方は雨でしたが、10時前に一陣の風と共に雪が降り始めました。大きく見れば冬型の気圧配置。上空では高度により西風と北西の風 、一方アメダスは南風を観測していましたから、不安定な気象条件でした。
こんな時に山の稜線にいたら大変ですが、Xバンドレーダーを持ってしても予測は難しいでしょう。

4891_2

信濃富士と呼ばれる有明山。左奥に燕岳が見えます。
12月にこれだけ白い有明山を見るのは結構珍しいです。なにせ日本海からの季節風は槍穂~立山連峰、そして直前に常念~後立山連峰と2500m峰が壁のように立ちはだかり、ほとんど水分を落としてしまうからです。
松本・安曇平は冬の季節風ではほとんど雪は積もりません。でも凍りますから冬タイヤは必須ですが、タイヤ交換時期に対して地元の人は意外とのんびり構えています。
今回の雪で慌てて交換した人が多いようで、2~3時間待ちのお店も多かったようです。

4893_5

爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳です。
大町から北へ行くとぐっと積雪量が増えます。日本海からの距離もさることながら3000m峰と2500m峰の壁に守られていることを実感します。

天気が良ければ美しい冬の北アルプスですが、入山するには心技体バランスがとれていないと思わぬ事故となります。

« 燕岳<2012/11/21> | トップページ | 冬の美ヶ原高原 <2012・12・13> »

風景写真」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31