« 高ソメキャンプ場からの風景<2013.9.21~23> | トップページ | 北アルプスの紅葉<2013/10/4> »

十石山 (松本・乗鞍) <2013/9/28>

33401505

長野県と岐阜県の県境、乗鞍岳から焼岳を結ぶ山並みの中にあって地味ですが、展望と花旅そして下山後の温泉の楽しめる山、それが十石山です。

地元の有志の方によって管理されている避難小屋はとても綺麗です。また藪こぎ激しい登山道も同じように整備されています。
但し、ここは熊がたくさんいる山です。またかなりの急登、急斜面のトラバースもあります。
コースタイムはベスト条件なら往復4時間程度ですが、初めて訪れる人はガイドをつけてください。

1495

1491標高も2500m程度、だだっ広い頂上周辺付近にはいくつかのビューポイントがありますが、一押しはこの岳沢を正面に見据えたポイントです。
手前にアカンダナ山がなければ梓川の流れも見えることでしょう。

遠く槍ヶ岳から笠ヶ岳、間に双六岳から裏銀座方面が見えるこのポイントはいつまで見ていても見飽きることがありません。

なお、避難小屋からこのポイントまでの間には砂礫が広がっていますが、コマクサの群生地になっています。ハイマツ帯とのなるべく端っこを歩いてください。
また幕営指定地ではありません。テントも張ってはいけません

1513

乗鞍岳方面。ここから登山道がのびているのですが、ハイマツ帯で無積雪期は通行が困難な感じです。地形図で見る限り、天気が良ければ乗鞍スカイラインまで快適に歩けそう。
白骨と乗鞍はバスの連絡もあり、縦走も可能なだけに残念です。
奈川から乗鞍、白骨あたりは古くからの温泉や野麦峠で知られるように歴史的魅力や自然も多く残っていますが、地域特有の課題も多く地域活性化がなかなか前進しないようです。

14721500

八ヶ岳そして御嶽山??と思ったが白山のようです。御嶽山は乗鞍岳の後ろに隠れて見えません。山塊もでかいですね。
八ヶ岳は赤岳と阿弥陀岳の分離が難しいのですが、山塊がコンパクト。後ほどアップする南アルプスと中央アルプスと混同しやすいのですが、南アルプスには特徴的な甲斐駒ヶ岳がひとつのポイントになります。

15271526

1468そんな八ヶ岳から南アルプスそして中央アルプス。
南アルプスの間に富士山が見えます。

南アルプスには日本第2位3193mの高峰、北岳があるのですが、まわりを3000m超えの山々に囲まれているので陰が薄い。その代わり、2967mと3000mに満たないのに存在感があるのが甲斐駒ヶ岳です。

標高約2000mの北沢峠から名を変え流れを合わせ、やがて太平洋に流れ出る富士川の流れに沿ってちょうど谷間となっている部分。そこから富士山を拝むことができるわけですがなんとも不思議な気がします。

1501

本コースについて詳しく知りたい方は信州登山案内人の自遊人がご案内しますので、メールアドレスを記入の上、コメントください。

« 高ソメキャンプ場からの風景<2013.9.21~23> | トップページ | 北アルプスの紅葉<2013/10/4> »

山のつぶやき」カテゴリの記事

中部山岳エリア」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

別宅の訪問は久振りで〜〜す
綺麗な山の写真楽しませて頂きました

熊が出るんですね・・・
うーちゃんはその一言でビビります
鈴を付けてれば大丈夫って言いますが・・・
自遊人さんくれぐれも慎重にね

ラストの赤い実がツルコケモモかな??

うーちゃんさん 訪問ありがとうございました。

にぎわせて欲しくないのですが、熊の事故ときのこ採りの滑落が新聞紙上に載ると秋が深まった感じがします。

今回は熊鈴ではなく、笛を吹きながら歩きました。
時々がさごそ音がしてびびりました。叫び声から猿かも知れません。

コケモモ、美味しかったですよ。

こんばんは☆

サイモンのライフワーク(爆)「上空から」で長らく御岳山を白山と誤認したまま記載していました。
こちらから見える白山は山容が御岳に似ており、この印象が強かったのでは無いかと思います。
山の形は見る角度によって異なる物だと言うことを痛感です。
最近別の持病が出てきてこのような場所に行くことが難しくなってしまい(西穂のようにロープゥエイで運んでくれるのは別)只々感動物です。

サイモンさん 訪問ありがとうございました。

未だこの山は御嶽山か白山か迷っているのですが、地形図的には乗鞍の陰で見えないはずです。
ただ、雰囲気は似ています。御嶽の方がもう少し富士山型の感じですが、上空から見ると結構裾のが広いですし似てるかも知れませんね。

寒暖差が大きい日々ですが、体、いたわってくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 高ソメキャンプ場からの風景<2013.9.21~23> | トップページ | 北アルプスの紅葉<2013/10/4> »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31