« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

黒沢の滝 ( 安曇野市三郷小倉 ) < 2014/1/19 >

3207Photo

三郷小倉に『黒沢の滝』という観光スポットがあります。

冬の信州は身近な場所で氷瀑がみられるのがひとつの売りと言っても良いでしょう。
多くのベース標高は500mほどですから、100mちょい登れば東京スカイツリーと同じ高さ。
急な坂道を登っていかずとも生活圏のすぐ隣くらいの場所でも、こんな風景が見られます。

でも、それなりに寒くなくてはこんな風景は見られないわけだし、雪も積もっていればそれなりの服装が必要とはなります。

3212_23216_2

雪が多いと保温効果であまり良い氷が成長しません。

ここは標高がさほど高くありません。
全面結氷しても中央部分はたいがい氷の下に流れが見えます。
前夜に降雪がありましたが、積雪量は平年並みかやや少ない程度でしょうか。
少なくともアイスクライミングするほどではない感じです。

32113223

行ってみると言うほど大した滝じゃなくてがっかりするかもしれませんが、お手軽に行ける安曇野の冬のスポットであることは間違いありません。

黒沢の滝へは山麓線からまっすぐ山てのほうに上がっていきます。特に標識はありませんが、松本方向に向かって道が大きく右折する手前の道に入ります。
除雪は住んでいる人が車で入れる程度にしかかいていません。
但し、この撮影時点では工事車両のために除雪がしてありました。

3228それでもすれ違いの困難な道が続きます。

さらにこのお寺から先は急坂が続きますので四駆以外は、この少し手前の橋のあたりに駐車することをお勧めします。

詳細をお知りになりたい方はメール をください。

冬の高原の楽しみ・アニマルトラック

3091e3075e

晴れた冬の森の散策は楽しみがたくさん。
そんな楽しみのひとつにアニマルトラッキングがあります。

本来のアニマルトラックは雪では大きさとか変化してしまう可能性があるのですが、誰でも簡単に見つけることができます。
わかりやすい代表格は野ウサギでしょうか。
なかなか出会うことは少ないですが、この日は珍しく白ではないウサギに出会いました。

3057e3060e3067e

白い雪原に続く足跡。多くは夜行性なのでほとんど出会うことはありませんので、誰だかわからない

3083e3086e

雪の下から菜っ葉を掘り出して食べています。この荒らしかたはニホンジカでしょうか?

3092e3126e登るだけじゃない楽しみが冬の森にはあります。





お知らせ

たまにしか更新できてないので、自動で更新情報を取得できる「RSSフィード受信登録」をお願いします。

本宅に記載しています。

http://azumino-ky.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/rss-ed61.html

冬の美ヶ原高原 <2014/1/3>

2754e

冬はビーナスラインが閉鎖になるので、日帰りするには歩いて訪れなくてはならない美ヶ原高原。ポピュラーなのは三城から王ヶ頭最短コースと百曲・塩くれ場経由コースです。
王ヶ頭ホテルや山本小屋に宿泊すれば麓から送迎してくれますが、魅力は台上だけではありません。

1166e_21164e_21171e_2

例えば、斜面を駆け上っていく動物の足跡に思いを巡らせ、木立の影が伸びる雪原に心安らぎ、寒さが作り出す芸術に息を潜める・・・そんな体験は自分の足で登らなくては味わえません。

2759e

2744e2733e

でも、標高2000mの場所から360度の展望を誰でも楽しめる魅力は他では味わえません。
北・中央・南アルプス、そして八ヶ岳、北信・西頸城、さらには関東山地まで見渡せる所はなかなかありません。

2666e2673e

2694e信州の展望台、美ヶ原高原。でも冬の標高2000mは強い西風にさらされています。

撮影した日は寒気が抜け放射冷却の効いた朝でした。
それでも西風は強く、風がまともに当たる場所では飛ばされそうでした。
体感的には氷点下20℃以下だったでしょう。

電波塔で成長した霧氷が強い風に吹き飛ばされて降ってきます。

過酷な環境下ではデジタルカメラも動作不良となります。

2656e2664e

寒いけど美しい風景が楽しめる冬の美ヶ原高原です。

ガイドをご希望の方はご案内します。

まずはメールbxc02655@nifty.comまで

2014年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
年末年始、みなさんはいかがお過ごしですか?

2601

2609

291042

災害の多かった2013年ですが、12月は比較的穏やかでした。
それでも山の事故はいくつかありましたね。

1021142

1021146

1021155

2014年は光城山からスタートしました。
生憎、北アルプスは見えず、小雪も舞い寒い日でしたが、下山の頃には日射しも出てきておいしく豚汁と甘酒をいただきました。

今年もボチボチ更新しますのでよろしくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31