« 夏沢鉱泉から硫黄岳へ<2014/2/25~26> | トップページ | 立山・雄山へ<2014/4/16> »

西穂高岳独標 < 2014/3/13 >

3780

新穂高ロープウェイ・山頂駅の展望台から見た西穂高岳。

2987駅周辺には雪の回廊もつくられていて、ここまでは観光客も楽しめるエリアですが、そこから先は冬山の世界となります。

今回は知り合いと西穂独標まで日帰りしてきました。
写真は独標直下の登り。岩と雪のミックスで緊張する場所です。写真だと傾斜がよくわかりませんが、岩場の部分は結構斜度があります。
同行者は去年4月に一度登っていますが、雪があってだいぶ感覚が違ったようです。

3771

上から見下ろすとこんな感じ。左上部は梓川と上高地です。
写真上の方に人が見えますか?ここまでは広いですが、この先は細くなってて西風に煽られないように気を遣います。そして写真手前の岩場にとりつきます。あんまりのぞき込むとクラクラするのでこれ以上覗くのはやめました。

375737583759

岳沢側。西穂高岳からジャンダルムを経て奧穂高岳、そして前穂高岳、明神。
上高地、河童橋から小梨平付近、その奧には六百山、霞沢岳が見えます。
ここにいたるまで吹いていた風は独標の上では穏やかでした。

37693777

焼岳から霞んでますが乗鞍岳、そして笠ヶ岳。
北陸に春一番をもたらした陽気は松本平でも15℃越えとなりました。
でも前日までの寒気が抜けたおかげで、西穂山荘から稜線歩きもさほど辛くはありませんでした。

304129712970

ここに来ると定番は西穂山荘のラーメン。今回は味噌を食べました。
お昼を少し回りましたが、予定より早くここまで来ましたので、ゆっくりできましたよ。

3779女性の単独登山者と独標登りの途中から前後して歩きました。

東京から自分の運転で来られていて、先週は御嶽山に登ったと話していました。
以前、友達と来た時はトラバースで友達が落ちたcoldsweats02(無事だった)そうで、再度の挑戦とのこと。

最近はこういう方によく出会いますが、実行力は女性の方がありますね。もっとも、単独で来ても声をかけてくれ人が周りにいるのは女性の強みかも知れません。

3075多くの方が残念に思うのは、登山口となる新穂高温泉の駐車場の対応でしょうか。
現在工事中という事もありますが、第一は観光客用、第二は工事中で使えず、このターミナルにある仮設トイレ脇から下ったスペースが登山者用として開放されていますが、案内が不親切でした。

夏場の登山者用駐車場は雪に埋もれているし、同じロープウェイ代を払っているのに、どういうことでしょう。
こういった不親切な対応は、中央アルプスでも感じました。


« 夏沢鉱泉から硫黄岳へ<2014/2/25~26> | トップページ | 立山・雄山へ<2014/4/16> »

中部山岳エリア」カテゴリの記事

山のつぶやき」カテゴリの記事

山の写真」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

自遊人さん結構、いってますね。雪の西穂独標は私のレベルでは無理なので丸山まで、昨年の同じ時期にゆきました。
いい天気に恵まれましたね。わたしもまた行きたいな。
グリーンシーズンなら一人でもいけるから。

みつさん 訪問&コメントありがとうございます。

西穂独標は最期に岩登りが出てきます。
冬は風が強くて本当に泣きたくなりますが、この日は独標に登る時は風がありませんでした。山の風は不思議ですね。

丸山までならひとりのんびり行くのもよいですね。

こんばんは☆

お久し振りです。
新穂高ロープウェイを使うとエレベーター感覚で手軽に冬山を味わえますが、冬山そのもので当時のコンデジは内部結露で映像素子を損傷してしまって寿命を縮めてしまいました。
美しい景色が嬉しく、また行ってみたい場所ですが、装備の方もしかるべきなんでしょうね。
ここで有れば、持病もハンディにはなりにくいので、懲りずに装備充実させて、また行きたい場所でも有ります。

ブログを引っ越しました。
ブックマーク変更をお願いします。

サイモンさん 是非体調、そして装備を揃えてチャレンジしてください。
アイゼンなんかはお貸しできますよ。

ブログ、引っ越されたのですね。
今はRSSを受信できるようにしているので、更新されると通知されます。
新しいブログのRSS受信登録しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏沢鉱泉から硫黄岳へ<2014/2/25~26> | トップページ | 立山・雄山へ<2014/4/16> »

安曇野の光と風

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31