« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

立山・雄山へ<2014/4/16>

4822e4823e

立山黒部アルペンルートの信州側入口・扇沢。
2014年シーズン幕開け初日に立山・雄山に登ってきました。
バックカントリーも以前は年配の人のみでしたが、若いグループの姿を多く見かけるようになりました。

4833e_24831e

トロリーバスを降りてトンネルを抜けると、まだ凍っている黒部ダムが眼前に広がります。

この日は霞が濃く、赤牛岳もよく見えませんでした。

観光放流はこの氷が溶けて雪解けの水が増える5月中頃にならないと始まらないです。
黒部川も一部水面が見えますが多くはまだ雪に覆われています。

4840e4846e

ケーブルを乗り継いでロープウェイで大観峰へと向かいます。
初日で人出が見込まれるからでしょう。この日は臨時便が出て室堂には9時前に到着できました。いつもはたっぷり時間のある黒部平の展望台も短時間でスルー。

48584860

室堂、ホテル立山前。室堂駅は立山側から入山した人も加わって賑わっていました。南下の収録もしてましたよ。

48624864

この日は雲が多くて遠望はいまひとつ。室堂平は除雪の車が走り回るので圧雪となっています。一ノ越へは室堂山荘への道から外れて向かいます。

486748724873

すでに何組か人が入っているのでルートはできていました。
朝のうち表面はバリンバリンと割れます。スノーシューがあるとだいぶ楽ちんですが、斜面のトラバースは苦労します。シールつけたスキーヤーに抜かれます。

4874e4879e

浄土山の裾野を回り込むと、それまでとは嘘のように風が強くなります。

クラストした雪面、不思議な幾何学模様が目を楽しませてくれますが、見た目以上に登りはきついです。

室堂から一ノ越までは一時間弱。小屋はまだ雪に埋もれています。天気が良ければ後立山連峰から槍ヶ岳まで見えるのですが、霞がひどくてさっぱり。

48804885e

いよいよここから雄山へのきつい登りが始まります。
タカの仲間が飛んでました。雷鳥を見かけなかったのはこいつのせいかな?

365036513661

途中、祠を目指しながら登っていきます。今年は雪が少なくて凍っていてアイゼンが効かないということはありませんでした。しかし富山湾側から風が容赦なく吹きつけてきます。

3662_33664

デジ一はザックにしまってコンデジで撮しましたが、液晶画面は見にくいので指が入っててもわからない。

4890e4892e4893e

一ノ越から約一時間で神社の社務所まで来ました。でも遠くが見えな~い。
同行したS君、だいぶお疲れの様子でした。

4895e4896e4897e

4899e荷物を置いて鳥居を踏まないように(上の写真で・・・わかりますかね?)またいでお参りしてきました。と言っても、祠の中まで雪が詰まっていますけどね。

今年は全体に雪は少ない感じですが、でもここ標高3003mは例年並みの積雪でした。
立山の主峰は雄山ですが、標高は隣の大汝山の方が3015mと高いです。

49054901e

しばらく見ていましたが、雲がとれる感じはありません。
剱岳の方が見えないだけでなく、まわりの雲もとれる気配がありません。

一緒に来た仲間が来る気配がありませんので戻ることにしました。

3670

36723674

下りは慎重に。岩にアイゼンを引っかけそうです。

49194927e

一ノ越まで下りてくると一安心。風は相変わらず強いし、雲はとれませんが後は下るだけ。もっとも室堂平までの少し登り返しが結構つらかったりします。

ホテル立山のレストランは混んでるし、駅も人でごった返してたので、結局黒部ダムまでお腹空かして戻りました。

36804972e

黒部ダムのレストランのダムカレーだよ。ラーメンもあって汁は青汁みたいでした。

お手軽で、温泉もあるしいい山なんですが、いかんせんアクセスに時間がかかります。
日帰りなのにお金もかかります。




« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31