アウトドア全般

高ソメキャンプ場からの風景<2013.9.21~23>

-----> 本宅(こちら)とリンク記事です <-----

29002919

今は松本市となった旧奈川村にある高ソメキャンプ場(こちら)
名前は以前から知っていましたが、訪れたのは今回が初めてでした。
写真は管理棟前にある池ですが、一番近いテントサイトはかなり前から予約で埋まってしまうそうです。9月の連休、バンガローもテントサイトも満員でした。
車がサイトに横付けできるので便利です。

29012910

29142908

2920乗鞍岳や奥穂高岳・明神岳そして霞沢岳が一望できる展望台には天体観察のできるドームがあります。

夜は天体観察会も開かれたりします。

満月は過ぎてしまいましたが、お月見団子が供えてありましたよ。

月がなければ施設を使わずとも素晴らしい星空が観察できそうです。

昨年、きのこ採りで奈川を訪れましたが、魅力がたくさん溢れていていい場所です。
----> 昨年の様子はこちら( 1 ) ( 2 ) ( 3 )
でも、地元の人にあまり知られていない様子なのが残念です。
自然に囲まれて暮らしていると、新鮮さがないのでしょうかね。
_

2915_22916

2926紅葉の始まった山。

近くにはクラインガルデンもあります。

近くには温泉もありますし、広い遊べるスペースもあります。
またのんびりと訪れてみたい場所です

中山高原・かんじきツアー <2013.2.17>

66886807

雪山の散策に欠かせない道具のひとつに“かんじき”というものがあります。
今回は北アルプスネイチャーガイド(ぐるった大町)主催のかんじきツアーに参加しました。一応スタッフ側ですが、今回はボランティアでの参加でした。

4966_2

この写真は前日(2/16)小谷村で開かれた“爪かんじき作り”で作った“かんじき”。
「ワカン」とも呼ばれますが、近年海外から入ってきたスノーシューを「西洋かんじき」と呼ぶのに対して、日本で昔、山仕事などで使われた道具です。
浮力は劣るものの軽量で小回りが利く点で最近見直されています。

66656714

今シーズン一番冷えたのではないかと思われた朝、でも日中は穏やかでした。
クライアントは9名。ガイドは3名+2という手厚いツアー。

66816722

広い雪原を子供に返って?思い思いに楽しみます。

67266727

走り回ります。若い女性が多いですね。

671867306733

若い人達は元気ですね。こういう雪原で思いっきり走り回ることは県内の人でもなかなか経験できません。

67366683

元々大町スキー場という場所でしたが廃業、これだけ緩斜面ではやむなしですが、スノーシューやかんじき、そりを楽しむには最適の空間が広がります。

67406820

保育圓の子供達がソリですっ飛んで遊び回っていました。

676967796783

678667906792

大人もソリ遊びは楽しい。みんないつまでも滑っていました。

669667576767

自然が得意な「ももっち」。小道具用意したりしてクライアントの皆さんに楽しんでもらっていました。

6753お茶タイム。
マンサクの花もももっちが自宅の庭からもってきました。

こんなゆるいガイドもたまにはいいですね。

アニマルトラッキング(足跡追跡)

6322

先日(2/2)は長野県山岳総合センターの野外活動講座で乗鞍高原に行ってきました。
スノーシューとアニマルトラッキングが研修内容でしたがあいにくの雨で残念。
動物の足跡探しは雪遊びの楽しみと思っていましたが、実際には泥とかのほうが形はよくわかるそうです。確かに融けてしまったりして不鮮明なことがよくあります。
上の写真の野ウサギのように歩き方に特徴があればよくわかりますね。

63376326

最近、北アルプスに侵入が確認されているニホンジカですが、僕自身はまだ見たことはありません。
この写真はカモシカでしょうか?左の写真はよくわかりません。

美ヶ原などでは多くのニホンジカを見ますが、群れで行動しておりラッセルしたその足跡はよくわからないことが多いです。

63356336

右の写真はキツネでしょうか?

アニマルトラッキングは「追跡」ですので、こうやって足跡を見るだけは正確にはトラック(Track)。追いかけていくのは楽しいけど、結構大変だし道迷いになることがよくあります。

白馬大雪渓トレッキング<2012・10・20>

3069

3128信州発全国アウトドア&ネイチャーフェスタ2012in信州白馬。
2日目は屋外を中心とした体験プログラム。
実行委員の自遊人は白馬大雪渓トレッキングの写真係として同行しました。
ガイドは白馬山案内人組合のガイドさん。
記録スタッフを入れて17名のグループトレッキングです。

通常ですと写真左の1750m付近は冠雪した山と木の葉を落とした木々の風景となりますが、今年はちょうど紅葉が見頃、しかも抜けるような青空に恵まれて気持の良い一日となりました。

3076_2全国でアウトドアや自然体験活動に関わる人が集まって19~22日まで白馬五竜エスカルプラザをメイン会場にして行われた3日間。200名ほどの人が交流しました。

応援スタッフも含めて学生さんも多く参加されました。
自遊人が学生の頃はアウトドアとはほとんど無縁。まあ、旅行もアウトドアのひとつと言えばひとつですが、いわゆる外遊びとは違います。自分の足で歩いて登山なんて考えてもいませんでした。

3112

3093猿倉から白馬大雪渓にいたるこのルートを歩いたのは今年3回目ですが、一度も白馬岳に登れませんでした
ここは唯一日帰りできるルートとはいえ、都合と天気があわなければ容易に歩けません。

それにしても美しい紅葉でした。
暑い夏でしたが雨不足でどうかなぁと思っていましたが、地中には冬に降った雪が沢山しみこんでいたのでしょうね。
左写真のヒロハカツラも黄色に色づいていました。

3139

3150わき上がる雲

いつまで見ていても飽きることはありません。
実は予定より1時間ほど早くて、時間を潰さなくてはなりませんでした。

今回はすべて担当ガイドさんにお任せでしたが、もう少し上まで行っても良かったですかね~。

安曇野の光と風・山の別宅の新規開店

Gongen

安曇野から山歩きを中心としたアウトドア情報を発信していきます。

本格的なオープンは8月を予定しています。

なお、安曇野の今を伝えていく本宅は今まで通りこちらへおいでください。

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31