山のつぶやき

西穂高岳独標 < 2014/3/13 >

3780

新穂高ロープウェイ・山頂駅の展望台から見た西穂高岳。

2987駅周辺には雪の回廊もつくられていて、ここまでは観光客も楽しめるエリアですが、そこから先は冬山の世界となります。

今回は知り合いと西穂独標まで日帰りしてきました。
写真は独標直下の登り。岩と雪のミックスで緊張する場所です。写真だと傾斜がよくわかりませんが、岩場の部分は結構斜度があります。
同行者は去年4月に一度登っていますが、雪があってだいぶ感覚が違ったようです。

3771

上から見下ろすとこんな感じ。左上部は梓川と上高地です。
写真上の方に人が見えますか?ここまでは広いですが、この先は細くなってて西風に煽られないように気を遣います。そして写真手前の岩場にとりつきます。あんまりのぞき込むとクラクラするのでこれ以上覗くのはやめました。

375737583759

岳沢側。西穂高岳からジャンダルムを経て奧穂高岳、そして前穂高岳、明神。
上高地、河童橋から小梨平付近、その奧には六百山、霞沢岳が見えます。
ここにいたるまで吹いていた風は独標の上では穏やかでした。

37693777

焼岳から霞んでますが乗鞍岳、そして笠ヶ岳。
北陸に春一番をもたらした陽気は松本平でも15℃越えとなりました。
でも前日までの寒気が抜けたおかげで、西穂山荘から稜線歩きもさほど辛くはありませんでした。

304129712970

ここに来ると定番は西穂山荘のラーメン。今回は味噌を食べました。
お昼を少し回りましたが、予定より早くここまで来ましたので、ゆっくりできましたよ。

3779女性の単独登山者と独標登りの途中から前後して歩きました。

東京から自分の運転で来られていて、先週は御嶽山に登ったと話していました。
以前、友達と来た時はトラバースで友達が落ちたcoldsweats02(無事だった)そうで、再度の挑戦とのこと。

最近はこういう方によく出会いますが、実行力は女性の方がありますね。もっとも、単独で来ても声をかけてくれ人が周りにいるのは女性の強みかも知れません。

3075多くの方が残念に思うのは、登山口となる新穂高温泉の駐車場の対応でしょうか。
現在工事中という事もありますが、第一は観光客用、第二は工事中で使えず、このターミナルにある仮設トイレ脇から下ったスペースが登山者用として開放されていますが、案内が不親切でした。

夏場の登山者用駐車場は雪に埋もれているし、同じロープウェイ代を払っているのに、どういうことでしょう。
こういった不親切な対応は、中央アルプスでも感じました。


十石山 (松本・乗鞍) <2013/9/28>

33401505

長野県と岐阜県の県境、乗鞍岳から焼岳を結ぶ山並みの中にあって地味ですが、展望と花旅そして下山後の温泉の楽しめる山、それが十石山です。

地元の有志の方によって管理されている避難小屋はとても綺麗です。また藪こぎ激しい登山道も同じように整備されています。
但し、ここは熊がたくさんいる山です。またかなりの急登、急斜面のトラバースもあります。
コースタイムはベスト条件なら往復4時間程度ですが、初めて訪れる人はガイドをつけてください。

1495

1491標高も2500m程度、だだっ広い頂上周辺付近にはいくつかのビューポイントがありますが、一押しはこの岳沢を正面に見据えたポイントです。
手前にアカンダナ山がなければ梓川の流れも見えることでしょう。

遠く槍ヶ岳から笠ヶ岳、間に双六岳から裏銀座方面が見えるこのポイントはいつまで見ていても見飽きることがありません。

なお、避難小屋からこのポイントまでの間には砂礫が広がっていますが、コマクサの群生地になっています。ハイマツ帯とのなるべく端っこを歩いてください。
また幕営指定地ではありません。テントも張ってはいけません

1513

乗鞍岳方面。ここから登山道がのびているのですが、ハイマツ帯で無積雪期は通行が困難な感じです。地形図で見る限り、天気が良ければ乗鞍スカイラインまで快適に歩けそう。
白骨と乗鞍はバスの連絡もあり、縦走も可能なだけに残念です。
奈川から乗鞍、白骨あたりは古くからの温泉や野麦峠で知られるように歴史的魅力や自然も多く残っていますが、地域特有の課題も多く地域活性化がなかなか前進しないようです。

14721500

八ヶ岳そして御嶽山??と思ったが白山のようです。御嶽山は乗鞍岳の後ろに隠れて見えません。山塊もでかいですね。
八ヶ岳は赤岳と阿弥陀岳の分離が難しいのですが、山塊がコンパクト。後ほどアップする南アルプスと中央アルプスと混同しやすいのですが、南アルプスには特徴的な甲斐駒ヶ岳がひとつのポイントになります。

15271526

1468そんな八ヶ岳から南アルプスそして中央アルプス。
南アルプスの間に富士山が見えます。

南アルプスには日本第2位3193mの高峰、北岳があるのですが、まわりを3000m超えの山々に囲まれているので陰が薄い。その代わり、2967mと3000mに満たないのに存在感があるのが甲斐駒ヶ岳です。

標高約2000mの北沢峠から名を変え流れを合わせ、やがて太平洋に流れ出る富士川の流れに沿ってちょうど谷間となっている部分。そこから富士山を拝むことができるわけですがなんとも不思議な気がします。

1501

本コースについて詳しく知りたい方は信州登山案内人の自遊人がご案内しますので、メールアドレスを記入の上、コメントください。

アルクマ in 燕山荘<2013/9/17~9/18>

2724_22718

くまなく歩く

いろんな所を歩いている僕だけど、燕岳に連れてきてもらったよ。
小屋で飲む生ビール美味しいなぁ~。360°の青空は気持ちいいなぁ~

2810

2758

9/17~18日(2013年)、燕山荘泊で燕岳に行きました。
ほとんど仲間うちのようなツアーでしたが、山が初めての人から76歳の方までなので結構気を遣います。
台風一過の青空に恵まれまさに登山日和。燕岳で下山するのはもったいない天気でした。
参加した、“のんのん”は初めての山登り。
エフエム安曇野でパーソナリティもやられています。今回は燕山荘でミニミニコンサートを開きました。
山の様子は9月22日のエフエフム安曇野、のんのんのミラクルステーション内で放送されます。http://www.azuminofm.co.jp/


北アルプスの紅葉も一歩前進。

宝石箱 ~冬の美ヶ原高原~

6132

ふだんは歩いて訪れる冬の美ヶ原高原ですが、今回<2013/1/19~20>、やまたみ倶楽部(2013/4より悠友山の会に改称予定)の山行で王ヶ頭ホテル泊まりという企画でやってきました。麓からバスによる送迎付きですから、実質は観光といったところです。

78

グループ山行ではのんびり写真撮ってる余裕はないので、いつもはデジ一は持っていかないのですが、今回は美ヶ原台上だけですので、三脚とCANON 60D EFS28-120といういつもの装備を持っていきました。

94

ガイドの資格を取ってから、参加型のグループ山行は気が重い(なんかあれば参加者のひとりって世間は見てくれない)ので「やめたいなぁ」と思ってたのですが、来年度もお願いされて参加することになりました。

6185

いくらか手当はもらうわけですが、業として仕事が入ればやはりそちらを優先したいです。

61

いろいろとやってるとつきあいもあって面倒です。

大菩薩嶺、茅ヶ岳・金ヶ岳へ<2012/11/17~18>

1190

写真は山梨県北杜市明野から見た八ヶ岳です。
この土日(2012/11/17~18)、会の皆さんと大菩薩峠と茅ヶ岳・金ヶ岳に行ってきました。
この会では参加者のひとりですので、自然体験活動をメインに行ってきました。
でもたまには参加しないと忘れられてしまいますね。

1150

土曜日の大菩薩峠は予報通り雨、でも翌日も予報通り晴れとなりました。
冬型の気圧配置ですが、寒気の影響は少ないと予想していましたがその通りとなりました。でもさすがに風は冷たく感じられました。

10631065

17日土曜日に訪れたのは大菩薩嶺。朝まで雪だったようですが日中は雨になりました。
源義家の弟新羅三郎義光が奥州遠征のおりに「北斗妙見菩薩」を唱えたことからその名が付いたと言われる大菩薩。大菩薩峠というと中里介山の小説が頭に浮かびます。
この日は風が強かったし視界もないので右の写真の所から下山しました。
ちなみに上日川峠までバスで入ったので楽々でした。

106910711072

1073下山後はマンズワインの勝沼ワイナリーに立ち寄り。
こういう場所は老若女性がすごいですね~。もちろん負けずに試飲しましたよ。
そしてお宿は塩山の旅館。上3枚は夕食。左は朝食です。

山梨と言えば「ほうとう」が頭に浮かびますが出てきませんでした。
鮎の甘露煮は名物といえば名物?ごく一般的な料理でしたしサービスも普通でした。

1074さて、翌18日は朝から陽射し一杯。
バスで韮崎まで移動しました。
登ったのは茅ヶ岳そして金ヶ岳です。

茅ヶ岳といえば日本百名山で有名な深田久弥終焉の地。
ちなみに昨日登った大菩薩嶺も100名山です。

1085_2初めは廃屋が点在する道、さらに女岩までは広い沢の道を歩いていきます。

10891098

女岩を巻くように登るあたりから急登となります。
カールのような広い斜面をジグザグに登っていきます。
時折吹く風に落ち葉が舞います。

10991111

頂上までもう少しという所に深田久弥終焉の地の碑があります。
亡くなったのは3月のことだそうですから山にはまだ雪が残っていたでしょうね。

11171123

1118茅ヶ岳頂上は多くの人で一杯でした。

360度の展望、富士山や南アルプス(左写真は鳳凰三山、右写真は荒川三山)をはじめ、金峰山や瑞牆山、奥秩父方面の懐かしい山々も見えました。

1119これから向かう金ヶ岳。
実は以前来た時はまわりが見えなかったし、今回は全然知識を持って来なかったのでこれが目的地とはわかりませんでした。

この山行に参加の目的のひとつ「ツアーのお客さんの視点」で見ると結構面白いことがわかります。
コーススケジュールも見るものなんでも珍しいものばかりで気楽ですね。

1129

自然岩のトンネル。崩れてきそう~

11371139茅ヶ岳から大きく下って登り返します。

「着いたぁ~」先頭から声があがり行ってみましたが、ここは目的地ではありませんでした。まだ先のようです。

登山者の多くはピークハントが目的だそうですが、自遊人は主として写真目的で歩くことが多く、常に「先に何があるのか」を求めて歩いています。
頂上はひとつの目的地に過ぎないのですが、やはり多くの人にとって達成感があるのでしょうね。
気が抜けて疲れと共に下りの事故が多い理由のひとつともいえるかもしれません。

11421143

1144金ヶ岳の頂上。南側は開けています。

甲府盆地をゆったりと流れる釜無川が輝いて見えます。

ここの頂上も多くの人で一杯。後でわかりましたが、どうやら大型バスで来たお客さん達のようです。
どこに行っても人がたくさんいます。

1149

奥にひときわ白く輝く山が~。北岳でしょうか?

11551153

途中の枝に紅葉一葉。後ろから見れば山"元"ガール。

11571158

「黄色が輝く」林の中を下っていきます。

落ち葉の絨毯はとても気持ちいいようにみえますが、岩っころや根っこがあって結構歩きにくいのです。

1161バスの待つキャンプ場に着きました。

ここは静岡や山梨県内に展開するPICAグループのキャンプ場でコテージがたくさん並んでいました。
確か昔は三井不動産販売と関係があったように思います。

この後温泉に立ち寄った後、松本へと帰りました。

フィナーレ/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>⑤

2647前剱をバックに富山県警AGUSTA A109K2が飛んできました。
イタリアで開発・生産された多目的ヘリコプター。
長いお鼻が特徴的。スイスの山岳救助隊でも活躍しているそうです。

お世話になりたくないですが、こうして下から見上げていると格好いいです。
気流の不安定な山岳地帯での活躍、パイロットの方も神経を使うことでしょうね。

2447

2447e_3

こちらは荷揚げのようですね。
どこのヘリかな?雄山の頂上近くと室堂の間を行ったり来たり何度も飛んでいました。

2681タンボ平にかかるロープウェイ
大観峰と黒部平の間1.7Kmを約7分で結びます。

日本最長のワンスパン方式(途中に支柱が1本もない)ロープウェイとして知られます。
「動く展望台」として観光客にも人気が高いですが、立山黒部アルペンルートの中で一番輸送効率が悪く、観光シーズンには乗車までに多く待たされることになります。

ちなみに扇沢から室堂まではいくつもの乗り物を乗り継いでいくわけですが、行きは特に接続が悪く多く待たされます。しかも始発が遅いので室堂出発は9:30が限界。
ただでさえ値段が高いのにこれでは登山客が立山側に流れてしまう(一時高速無料化が話題になりましたから)のでクレームをつけたことがありますが、多くの人がそう考えていることを少しは考えて欲しいものです。

2617もっとも立山黒部アルペンルートはそのほとんどが富山県。

長野県側の山は後立山連峰なんて呼ばれるくらいで、入口は立山側、お客が立山から入ろうが扇沢から入ろうが結局多くお金を落とすのは富山県側なので、少々不平を言っても痛くもかゆくもないでしょう。
「文句があるなら歩いてこい」ってな感じでしょうか。扇沢から針ノ木峠越え、関電トロリーバスだけ利用してタンボ平を歩いて雄山へ登る等登山道はあるわけです。
_

2450その昔、富山城主佐々成政が苦労して冬のこの地を通り、浜松まで行ったのに目的を果たせず戻ることになった恨みがあるわけではないでしょうけど、もう少し観光面で協力しても良い気がします。

さて、長らく続いたシリーズも今日でおしまい。

明日は雨飾山の様子を少しアップします。

山と人の出会い/秋の剣・立山連峰<2012/9/25~26>③

24452558

『山を想えば人恋し、人を想えば山恋し』
これは百瀬慎太郎が遺した言葉ですが、山に出かけていろんな人の話を聞くのもひとつの楽しみです。

2499剣岳からの下山で一緒になった方たちですが、偶然行きの写真に写っていました。
とても元気な年配の方でしたが、連れの女性は奥さんだったのでしょうかね。男性の方が帰りに梅干しをくれました。

2639『一期一会』
人と出会った時にいつも心がけている言葉ですが、異性と接する時は時として深い意味にとられてしまい困るのですが、でも自分はひとつひとつの出会いを大切にしたいと思っています。

2652

光り輝くチングルマの痩果。ワタスゲと並び心安らぐ風景です。

25492550

その姿は様々。それにしてもあの白い花からどうしてこんなお髭のようなものが伸びるのか不思議ですね。

2520

岩の陰に咲いているのはミヤマキンバイでしょうか?
黄色い夏の花。小さいけれど頑張って咲いていました。

~ 健気に咲く 君の姿は美しい ~

恐怖の水場<七倉岳>

80628063

船窪小屋から七倉岳頂上への分岐を船窪岳方面へ20分ほど歩いた所にテント場はあります。テント場手前にはこんな斜面もあったりするので、仮設トイレはありますがいずれにしても小屋からは完全に隔離された場所にあります。

80658065e

このテント場からさらに5分ほどの場所に水場はあるようですが、このような立て札や「暗くなってから行くな」って書いてあります。

8068しばらく行くと確かに急坂。

「トリカブトの青が綺麗だなぁ」と遠くを見るとガレ場の急斜面から水の音が~

_

_

_

8069_28070_28071_2

滑れば谷底、上からは落石の危険が~。
まあ一応トラバースの足場は切ってありますが、高度感があっておっかねぇです。
ロープはありますが、片方は固定されていないので落ちれば振られること必定。
ちなみに上の方の写真のロープも斜めです。
ロープや鎖は掴めば良いものではありません。重力方向に対してどのように振られるかよく考えて、補助的に使いましょう。

なお、小屋で水は分けてもらえますので無理は禁物ですよ。

上高地のホスピタリティって何?

Photo今朝の新聞を読んでいたらこんな記事が出ていました。

この記事の最後の方を読むと「規制拡大」が観光客の減少につながるような意見が採り上げてあります。
確かに規制の影響は否定できないと思いますが、無理して行く価値がない場所になってきたとも言えるのではと個人的には思っています。

静かな上高地は今や昔の話。
人の歩く所に道ができる本来の姿とは異なり、人が歩く前に草は刈られ遊歩道は整備されています。
休日の河童橋周辺は周辺の木々がなければ都会の雑踏と変わりません。おみやげ屋さんも昔に比べるとありふれたものばかりになりました。

「上高地ビジョン」 ・・・ 上高地の何を売りたいのか。何を知り何をみてもらいたいのか。
リピーターとなって滞在してもらうための上高地独自の魅力がなければ、わざわざ金払って遠くまで行きませんし、不安定な世の中では金も出せません。

上高地・白馬(標高1400~1700m)に咲く花-2012年7月上旬

10401043

1049本谷橋から涸沢への道すがら咲いてた花

上高地の自然と題して記事を書こうと思いましたが、花の写真が沢山たまってしまったので、まとめてアップすることにしました。

五十肩が痛いので梯子や鎖があるところはなるべく避けているのですが、そうこうしているうちにシーズン入りしてしまいました。
_

09300969

09210988

09440972

白い花が続きましたのでここで毛色の変わって花

09630985

09231167

※↑↑ (7/11追記) クルマバソウはクルマムグラかも知れません。

↓↓↓ どなたか教えてくださ~い

09040906

09500900

最初、キツネノボタン(キンポウゲ科)と思って帰ってきて図鑑を調べましたら、咲き終わった後にこんなお髭があることに疑問を感じました。   

安曇野の光と風

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31