里山

黒沢の滝 ( 安曇野市三郷小倉 ) < 2014/1/19 >

3207Photo

三郷小倉に『黒沢の滝』という観光スポットがあります。

冬の信州は身近な場所で氷瀑がみられるのがひとつの売りと言っても良いでしょう。
多くのベース標高は500mほどですから、100mちょい登れば東京スカイツリーと同じ高さ。
急な坂道を登っていかずとも生活圏のすぐ隣くらいの場所でも、こんな風景が見られます。

でも、それなりに寒くなくてはこんな風景は見られないわけだし、雪も積もっていればそれなりの服装が必要とはなります。

3212_23216_2

雪が多いと保温効果であまり良い氷が成長しません。

ここは標高がさほど高くありません。
全面結氷しても中央部分はたいがい氷の下に流れが見えます。
前夜に降雪がありましたが、積雪量は平年並みかやや少ない程度でしょうか。
少なくともアイスクライミングするほどではない感じです。

32113223

行ってみると言うほど大した滝じゃなくてがっかりするかもしれませんが、お手軽に行ける安曇野の冬のスポットであることは間違いありません。

黒沢の滝へは山麓線からまっすぐ山てのほうに上がっていきます。特に標識はありませんが、松本方向に向かって道が大きく右折する手前の道に入ります。
除雪は住んでいる人が車で入れる程度にしかかいていません。
但し、この撮影時点では工事車両のために除雪がしてありました。

3228それでもすれ違いの困難な道が続きます。

さらにこのお寺から先は急坂が続きますので四駆以外は、この少し手前の橋のあたりに駐車することをお勧めします。

詳細をお知りになりたい方はメール をください。

2014年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
年末年始、みなさんはいかがお過ごしですか?

2601

2609

291042

災害の多かった2013年ですが、12月は比較的穏やかでした。
それでも山の事故はいくつかありましたね。

1021142

1021146

1021155

2014年は光城山からスタートしました。
生憎、北アルプスは見えず、小雪も舞い寒い日でしたが、下山の頃には日射しも出てきておいしく豚汁と甘酒をいただきました。

今年もボチボチ更新しますのでよろしくお願いします。

中部北陸自然歩道そして北国街道(北陸道)

4604

「中部北陸自然歩道」
中部北陸8県(新潟県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、滋賀県)にまたがる歩道で、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しく歩くことにより、その地域の豊かな自然、歴史や文化に触れ、自然保護に対する意識を高めることを目的として、平成7年度から整備を始め、平成13年春に完成したそうです。(こちらを参照しました)
実は安曇野でもいくつかのるーとがあり、長野県のホームページ(こちら)にも紹介されているのですが、歩道と名前がありますが実際はほとんど車道ですし、標識もあってないようなもので地図でもないと歩けないルートです。

4652

4656「北国街道」
江戸時代には東西の物資の輸送にいくつもの道が整備されました。北国街道は中山道と追分で分岐し、松代や善光寺を経て越後へとつながっていました。その一部は善光寺街道とも呼ばれていますね。
一方、畿内と越後を結ぶのが北陸道。途中現在の上越市あたりで一緒になりますが、これらを北国街道と呼びます。

今回はついでですから帰り道に少し寄り道して、写真の旧庄屋佐藤家を外観だけのぞいてきました。(周りに人影がなく入れなかった)

46594657

4653杉の木立は防風林の役目でしょうか?

巻観光協会のホームページ(こちら)

NPO法人の保存会(こちら)があるようですね。
活動状況はよくわかりません。なにぶん平日だし寒いもんで人に会わないので聞きようがありません。

左の写真の「巻菱湖」。江戸時代の書家のようですね。

_
_
46504651

落ちついた風景。でもうまく活用しないと所有している人の負担にしかならないです。
町並みだけは整っていますが、樹木が少ないのが寂しい感じです。

中山高原・かんじきツアー <2013.2.17>

66886807

雪山の散策に欠かせない道具のひとつに“かんじき”というものがあります。
今回は北アルプスネイチャーガイド(ぐるった大町)主催のかんじきツアーに参加しました。一応スタッフ側ですが、今回はボランティアでの参加でした。

4966_2

この写真は前日(2/16)小谷村で開かれた“爪かんじき作り”で作った“かんじき”。
「ワカン」とも呼ばれますが、近年海外から入ってきたスノーシューを「西洋かんじき」と呼ぶのに対して、日本で昔、山仕事などで使われた道具です。
浮力は劣るものの軽量で小回りが利く点で最近見直されています。

66656714

今シーズン一番冷えたのではないかと思われた朝、でも日中は穏やかでした。
クライアントは9名。ガイドは3名+2という手厚いツアー。

66816722

広い雪原を子供に返って?思い思いに楽しみます。

67266727

走り回ります。若い女性が多いですね。

671867306733

若い人達は元気ですね。こういう雪原で思いっきり走り回ることは県内の人でもなかなか経験できません。

67366683

元々大町スキー場という場所でしたが廃業、これだけ緩斜面ではやむなしですが、スノーシューやかんじき、そりを楽しむには最適の空間が広がります。

67406820

保育圓の子供達がソリですっ飛んで遊び回っていました。

676967796783

678667906792

大人もソリ遊びは楽しい。みんないつまでも滑っていました。

669667576767

自然が得意な「ももっち」。小道具用意したりしてクライアントの皆さんに楽しんでもらっていました。

6753お茶タイム。
マンサクの花もももっちが自宅の庭からもってきました。

こんなゆるいガイドもたまにはいいですね。

黒沢の滝<三郷小倉>~2013/1/30~

6302Map

この日は滝に入っていく道の入口で工事をしていましたので、林道の雪もよく除けられていましたが、運動も兼ねて林道の杉林に入る手前の浄水場(地図の右端あたり)から歩きました。

標高1000m程度ですので完全に凍る姿は見たことないです。
写真中央あたり、黒く見える所はゴーゴー流れていましたし、滝壺に近寄るのは踏み抜きそうで結構おっかねぇです。

右手の方から高巻きして登れそうでしたが、アイゼンもロープもないし、ゴム長と作業ズボンじゃ下る時怖いので登るのやめました。

_

63086307

6318滝上部です。

上から懸垂下降すればもっと迫力ある写真が撮れそうですが、「ずく」がねぇもんでなんにも装備なし。
50m1本じゃ滝壺までしか下りられねぇずら。

こういう時にザイルパートナーがいるとザイルが借りられるのになぁ。ブツブツ

_

63126313

この日は誰にも会いませんでしたが、トレースは滝壺やいろんな場所についていました。
足元は氷と雪。時々口を開けた所から流れが見えたりします。

6328_2

家から往復で2時間。今回は少し1時間ほど余計に歩きましたが、冬の安曇野のお手軽なスポットのひとつです。

保福寺峠とウエストン

松本平から塩田平(上田)に抜ける道はいくつかあります。
現在は三才山(みさやま)トンネル経由の国道254号がメインルートとなっています。
三桁国道ではありますが、松本の平瀬口から東京文京区本郷までを結ぶ主要な道路のひとつ。ちなみに起点から終点まで車で走ったことある国道のひとつでもあります。

Mapこのトンネルの上にあるのが三才山峠
ここから稜線にそって北へ行った所にあるのが今回の保福寺峠です。

6007

三才山峠と保福寺峠は林道蝶ヶ原線で結ばれています。落石も多く一般車両通行止めとなっていますが、歩いてはもちろんバイクや自転車でも行くことができ、途中烏帽子岩や北アルプスの眺めが美しい道で美ヶ原林道へとつながっています。

6009_26010_2

ちなみにさらに北へと歩く道はつながっています。草も刈ってました。
保福寺峠は広い駐車場がありますが、旧四賀村から青木村を結ぶ道は舗装してあるもののとても狭い道です。

6029_3しかし古くは東山道といい、生活道路とは異なる官道として造られた道だそうです。
(青木村のホームページ参照→こちらから)

6031その後は庶民も利用する道として松本と上田を結ぶ主要道のひとつとして利用されたそうですが、そこにあのウエストンの名前があります。

イギリスの宣教師ウォルター・ウェストンといえば、その著書の中で「日本アルプス」を紹介したことで、命名したウィリアム・ゴーランド(ガウランド)より有名人で、その名を伝える石碑があちらこちらに建っています。

6025

60266028

ここ保福寺峠は槍ヶ岳に行くのに上田から人力車で通った時に北アルプスの眺めに感動した場所だそうです。この日はあいにく見えず。

なお、美ヶ原トレイルは三才山峠から六人坊、戸谷峰を抜けて保福寺へと抜けるのでここ保福寺峠は通りません。(でも分岐点の三才山峠から林道蝶ヶ原線を歩けば来れます)

信州安曇野、里山に咲く花 (2012/7/25)

61216123

6086

6131

信州安曇野では山地から亜高山帯に属する里山がたくさんあります。
眺望のよい山は人気がありますが、樹林帯で眺望が悪いと人気が出ませんが、足元には沢山の花があります。

61546156

6140

6089_26091

6153_26163

6165

来月は地区で自然観察会を行います。
それまでに登山道を整備したいが金がないそうです。    

富士尾山(1296.1m)/安曇野の里山

本宅からの続き
4066
安曇平の西側に南北に長い尾根を横たえる富士尾山。その主尾根の登山道はほとんどが樹林帯ですが、所々樹林帯の切れ間から安曇平をのぞむことができます。

4036_2我が家から西へずんずん進むとあたるのがこの山。まさに裏山とも言えます。
実際、国土地理院の地図を見るといくつか考えられますが、かなり急な場所がありそうです。

財産区の方々が一応整備してあるとのことで、穂高公民館長作成のルート案内もあるのですが、前回、忍ヶ丘からのコースははっきりとわかりませんでした。
今回は主稜線によじ登る覚悟で装備を整えて、満願寺側・北沢沿いの登山口から歩いてみました。

4063頂上からの眺望は安曇野の方角が切り開かれているとはいえ、我が家はあまりにも裾野すぎるし松が生い茂っているので見えません。

でも、豊里から富田あたりはよく見えました。
逆光で、梅雨間近のこの季節でコンデジで撮した写真はこんなものかな?
このあたりは畑が多いですね。麦畑がよくわかります。

4064安曇野の屋敷林は視察に行った砺波や奥州のような散村ではなく、街道に沿って発達しました。
でも屋敷林の維持はお金もかかりますし、近隣住民の理解も必要だったりして、その数は年々少なくなっています。
住宅自体の機能もアップし、防風遮光の役割は不要となりました。景観だけではなかなか維持も大変ですが、近年の省エネブームの中でその価値は見直されても良いのではと考えたりします。

_
40654072

40734074

美しい安曇野の風景。里山は麓に暮らす人々と密接なつながりがありました。
原発事故以来その利用が議論されている自然エネルギー。
里山のはたす役割についても再度見直してもいい気がします。

筑北村の里山・四阿屋山(1387.0m)

3401

天気予報は一日晴れでしたが、予想通り(というか少し早め)上空の薄雲が広がってきました。眺望の楽しみがなくなってきたのでさっさと次の目的地・四阿屋山へ移動。

34213423

と言っても明科から麻績へ抜けるR403をはさんで東へ移動するだけ。こちらの林道はコンクリで路面が固められていますが、所々岩が道まで落ちてきています。大雨の後とかは土砂崩れに特に注意です。
先の岩殿山もそうですが、消防の立て看板。119番かけても山の上まで消防車は来ない。

3426歩き始めて5~6分。「ガサッ」っていう音が・・・熊かや

木の陰から顔を出したのはカモウシ・・・もといカモシカさんでした。こっちを見て何か文句を言いたげな顔。
険しい岩山に住むイメージですが、本来は人々の生活に近い場所で暮らしていたのかも知れません。

3437

先の岩殿山に比べると穏やかな登山道です。 ここも地元の人に愛されている里山。頂上まで鳥居を抜けていきます。

34483461

3464雲がどんどん増えてきました。

頂上からは松本市街と遠く乗鞍岳が見えます。

坂井コースからの眺望は途中1ヶ所と頂上からだけですが、頂上付近にはブナ林が広がります。
新緑が目に眩しい

登山道はいくつかありますので下山の際には注意が必要です。

ところで四阿屋山(あずまやさん)というと、花の百名山で菅平にある四阿山(あずまやさん)を思い浮かべる人が多いと思いますが、この山も負けずカタクリをはじめとした多くの花があります。(カタクリは花が終わっていました)
_
_

342834353440

344734523453

高山には高山の楽しみがありますが、低山には観光地化されていない自然が残っています。アルプスの高峰のように鎖やロープの整備も十分ではありませんから、緊張感や魅力があって好きです。

・・・・ おまけ
3468e頂上直下にあります。「こんな所に建てやがって」なんて非難しないようにね。

以前、スキー場のリフトで「飲酒酊等乗車禁止」とあった立て札以来、久々のヒットです。
(・・・よく似てます。書いたのは酪農農家?)

筑北村の里山・岩殿山(1007.5m)

Map

山は古来から信仰の対象とされてきました。そして里山は麓に暮らす人に恵みを与えてくれる大切な存在として守られてきました。

3376

荒々しい絶壁が連なる岩山「岩殿山(いわどのやま)」。写真は三社権現奥の院。
ハチの巣状の砂岩の洞穴は大姥山京ヶ倉でも見られる不思議な風景ですが、太古にこのあたりが海の底だったことを彷彿させます。
こんな不思議な風景は信仰心を起こさせるには十分。

33913390

3392この洞窟のある大岩を回り込むように道が拓かれていますが、スリルある岩登りコースで緊張します。

でも、頑張って登ると北アルプスのパノラマというご褒美が待っています。
その手前には京ヶ倉~大城の稜線も見えます。

3379

33833380

常念岳はやっぱり安曇野から見る姿が好きです。去年は朝日小屋の飯を食べに行きましたが、今年は船窪小屋の食事を食べに行きたいです。

3400_2

岩に生える木にパワーをもらった気がします。

34203419

3416今回は岩殿寺(がんでんじ)からのコースにしました。
岩殿寺は狛犬ではなく狛駒でした。地蔵はほおづえついてるしやる気なさそう~。

左写真を右折して林道を行ける所まで進みました。2KMほど短縮できますが、すごい道です。

歩き始めから三社権現まで45分。約1時間の行程ですが、里山にありがちな結構きつい登りです。

この後、四阿屋山へと向かいました。>>>続く

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31