城と石仏

林城<信濃守護・小笠原氏の居城>

A8810訪問日:2012年2月22日

今年は少し松本平の里山を訪ねてみようと思っています。
まずは信濃守護・小笠原氏の林城。
小笠原氏というと南北朝時代に功績をあげたそうですが、戦国時代に入って武田氏に滅ぼされてしまいました。

Mapそんな小笠原氏に敬意を表したわけではないのですが、ここを選んだ理由はここから南へ歩くこと、とりあえずの目標は鉢伏山です。
国土地理院の地図で見ますと林城から南の尾根に登山道はないのですが、冬ならたどって行けそうです。
でもこの日は探るだけにしました。理由は近くまで行って思いつきで登ったので装備があまりにもラフだったから

8811

里山辺を東西に流れる薄川。松本城(深志城)から直線で約3kmの距離ですが、ビルが邪魔でよくわかりません。

88128814

登山口から約6分ほどで一ノ門、城跡まで20分。
城攻めに時間がかかってはならぬと走ったのですが、ここは山城。遊歩道はジグザグについているとは言え、残雪が凍り滑る滑る@@@
「アイゼン持ってきてないし下りが怖いなぁ」と思うへっぽこ侍自遊人

88168817

頂上には東屋があります。松に囲まれ眺望はありません。
一息ついてから大嵩崎・林小城方面へと下ります

88198820

12分ほどで麓の集落に着きました。
途中、斜面をトラバースするようについてる道が凍っていて
ちなみに上の地図の赤線、下山道はかなりアバウトです。

「昔は山が村落住民の生活に直結する存在であった・・・明治初期の雑社合祀の流れの中で、ほとんどの山の神は消滅した」とあります。
人の営みに大切な存在であった里山。放置しては罰が当たりますね。

88258830

8808ここは常念岳のビューポイントとしてもお薦め
槍ヶ岳が常念岳に従うかのようにその後ろに見えます。

春、木々の芽吹きの頃に訪れてみるのも良いかも。

8840

有明山から白い餓鬼岳が見えます。
雰囲気的にはポカラの町から見たアンナプルナみたい。
暖かくなったので遠くの山は霞んで見えます。

8835

公民館脇には道祖神が祀られていました。常夜灯の裏には「文政七申??」の文字が見えますから1824年頃にできたのでしょうか。

松本の中心地からさほど遠くない場所にもこんな素朴な場所があります。

次回はさらに南へ向かいたいと思いますが、さてどこを起点にしましょう?
雪が消えればpark & rideかな?

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31