水遊び

沢上谷・沢歩き(岐阜県上宝村)<2013.8.17>

※本コースは沢やクライミングの知識を必要とします。必ず経験者同行の上歩いてください

沢上谷・・・「そうれだに」というこの沢を初めて訪れたのは、やまたみ登山学校ででした。


大きな地図で見る

1167このコースの特徴はなんと言ってもこの美しい“ナメ”床の沢。

訪れた日は場所によっては泳ぐことも出来るちょうど酔い水量で、しかも連日の暑さから解放されるまさに絶好の水遊び日和でした。

安全を確保すれば小学生でも楽しめる場所もあります。
但し、途中には滝もありますし、高巻きから急下降の場所もあります。途中で出会った中高年パーティは決して沢登りをするような装備ではありませんでした(里山歩きと同じ感じ)。

沢登りとしては初心者向けのコースですが、天候が急変すれば一気に遭難リスクが高くなりますし、参加者それぞれが沢に向かう知識を持っている必要があります。
近年、SNSで仲間を募って山を楽しむ人が増えましたが、山は“誰かに頼ることなく”ひとりひとりがしっかりとした知識を持って望むことが大切です。

1139a1144a1148a

準備を整えて遡行開始。緑が水面に映り綺麗!

11521153a1155a

所々現れる小さな岩場を越えながら上流に向かって歩きます。
帰路気づくのですが、行程全体では思っているより高低差を歩きます

1159a1161a

よどみは結構深さがあります。リーダー飛び込みましたよ。

116911741175

11781181a蓑の大滝手前はちょっとスリリング。
サブリーダーなもんで写真はありませんが、ロープで安全確保しながら登ります。

蓑の大滝は高さは40mくらいはあるでしょうか。
広いスラブの一枚岩はとても登れそうではありませんね。

ここは滝の右側から高巻きします。
ここも写真はありませんが、おおよそ道と呼べるものではなく、斜面についたトレースをよじ登っていく感じです。
登り切ると杣道(そまみち)に出ます。そしてしばらく歩いて沢まで60mほど下降します。一応ロープが設置されていますが、やはりここもロープを新しく張ります。間違って沢に落ちたら滝壺へ一直線の可能性もありますからね。

1190このあたりから次の高さ20mの滝までは綺麗なナメ床が広がります。

途中、滑り台みたいな所もありますよ。

これをしばらく歩くとやがて最後の滝が見えてきます。
これは高巻きせずにそばの草やなんか頼りない切れかかったロープを頼りに登ります。

_

_
11921196ここはリードでロープ張りましたが、滑るし結構大変。

まあ、先ほどの滝と違って斜度は緩いですけどね。

今回は総勢13名。半分くらいのメンバーは初めてここを訪れました。
腕力でしがみつくとどうしても滑ります。

これを過ぎるとあとはゴールを目指してひたすら沢を歩いて行きます。
やがて沢は細くなり橋が見えてくると終了となります。
その先も沢は続きますが、快適なのはこのあたりまでですね。

12161218

終了点では歩かないメンバーとマイクロバスが先行して待っていてくれました。
スイカを切って、豚汁と焼き肉の用意もすでに用意してくれてました。
こういうメンバーがいることもありがたいですね。

ビールが飲めないのが残念なほど良い天気の下、お腹いっぱいで松本へと帰ったのでした。

黒沢の滝<三郷小倉>~2013/1/30~

6302Map

この日は滝に入っていく道の入口で工事をしていましたので、林道の雪もよく除けられていましたが、運動も兼ねて林道の杉林に入る手前の浄水場(地図の右端あたり)から歩きました。

標高1000m程度ですので完全に凍る姿は見たことないです。
写真中央あたり、黒く見える所はゴーゴー流れていましたし、滝壺に近寄るのは踏み抜きそうで結構おっかねぇです。

右手の方から高巻きして登れそうでしたが、アイゼンもロープもないし、ゴム長と作業ズボンじゃ下る時怖いので登るのやめました。

_

63086307

6318滝上部です。

上から懸垂下降すればもっと迫力ある写真が撮れそうですが、「ずく」がねぇもんでなんにも装備なし。
50m1本じゃ滝壺までしか下りられねぇずら。

こういう時にザイルパートナーがいるとザイルが借りられるのになぁ。ブツブツ

_

63126313

この日は誰にも会いませんでしたが、トレースは滝壺やいろんな場所についていました。
足元は氷と雪。時々口を開けた所から流れが見えたりします。

6328_2

家から往復で2時間。今回は少し1時間ほど余計に歩きましたが、冬の安曇野のお手軽なスポットのひとつです。

「初夏の乗鞍高原でシャワークライミング!!」に参加してきました(2012/7/29)

6361
暑い夏は大人もやっぱり水遊び

6359あずさ・水と暮らしの楽校協議会<H.P.はこちら>主催の「梓川大河の一滴プロジェクト
前回は山岳総合センターの講座とバッティングして参加できませんでした。今回のシャワークライミング、2週前は天候不良による増水で延期となり29日に実施となりました。

沢登りと似ていますが、シャワークライミングは初めて。折からの猛暑、雪解けの水はウェットスーツを着てても冷たくて楽しい体験でした。

63466344

63476348

ガイドはODSS乗鞍上高地ブランチ<H.P.はこちら>。
6353sガイドのみねちゃんとはてつにいを通して知り合いました。飽きさせない喋りとガイドぶりは“雰囲気だけでアイスブレイク”
経験も豊富で真似はできないけど参考になりました。

事務所のあるこの場所はパン工房ル・コパンさん。とても雰囲気の良い場所ですが、ご主人が病気療養中なんだそうです。再開できると良いですね。

_
_
635063516352

事務局のペンション小さな国のオーナー<H.P.はこちら>、 あずさ・水と暮らしの楽校協議会の会長、そしてODSSのガイド。

遊んでる間の写真はないです。写真で見るよりまずは行ってみよう。
今回は初体験プログラムでしたが、上流には滑滝もあるそうで行ってみたいものです。
Map
今回は善五郎の滝上部、道路との交差地点から入り250m程度上流の小さな滝まで。
さらに上流はロープが必要です。

安曇野の光と風

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31